OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

西宮津公園のキス調査

4月22日(木)暫く良い天気が続いてますが、淡路や近場のキスの活性が上がらないので兄が宮津方面に釣行するとの事で同行する事にしました。

当日は自宅を1時半に出て垂水の兄の家に迎えに行き2時半に出発しました。

今回は、車の燃費を更に更新させる事も目的にして全ての有料道を使いノンストップで宮津まで走りました。

西宮津公園には、5時過ぎに到着しタックルの準備をして私は5時半から引き釣りを始めました。

DSC_9530

兄は何時ものごとく車中で朝食を食べてます。

明るくなり始めた頃は可なり冷えこんでおりキスのアタリの無いまま2時間が経過しました。

DSC_9535

温かくなり始めた9時頃に初のアタリを捉え小型キスが釣れました。

DSC_9533

その後もアタリは渋くキスが釣れても海草に掛かり外れてしまう事が多く仕掛けを1ヒロにしてパラパラと釣れ始めましたがサイズが小さい物ばかりです。

DSC_9532

兄も引き釣りを始めましたがキスが居ないと嘆いてます。

西宮津公園の釣場はジョギングや散歩、自転車と多くの人が通られるので投げる時に注意が必要です。

気が付けば正午となり風が強くなり海面がザワザワし始めアタリも無く暑さもピークなり13時に納竿しました。

DSC_9544

もう少し海水温が上昇すれば活性が上がると思いました。

当日の釣果は僅かでしたが、兄は20センチから22センチの良型キスを4匹釣ってました。

西宮津公園でのキス狙いは、海草が多いので遠投して沖を探る事と仕掛けが浮き上がりやすい錘を使用し極力仕掛けを短くする事が必要です。

釣果の方は今回も満足出来る物では無かったのですが、新車の燃費については大きく更新出来ました。

当面の目標は満タンで1400キロ走行です。

DSC_9546

「釣 果」
キ ス    7匹「11~16センチ」
2021年キス釣果累計   35匹

DSC_9541


「今日はチャロが起きてます」
DSC_9486

播磨新島のキス調査

4月20日(火)前日釣友からキスが数匹釣れたとの情報が入り昼から気温が上がるとの事でキスの活性も上がると予想して11時から播磨新島のキス調査に向かいました。

DSC_9518

播磨新島は飲ませ釣りやルアー釣師も少なくタコも全く釣れて無いようです。

DSC_9519

当然キス釣り師は居られませんが波止先端に着くと常連のNさんが投げ釣りをしておられたのでキス釣れてますかと聞くと、数匹キスが釣れたと聞き気合いが入ります。

DSC_9526

しかし引き始めても全くキスの気配無く2時間が過ぎました。

釣り始めた頃は、南東の風が強かったのですが、風が治まると日差しが強くなりました。

やっとアタリを捉えたのは昼過ぎで小さい17キスでしたがアタリは明確でした。

DSC_9520

針の掛りが浅かったので飲ませ釣りの餌に常連さんに進呈しました。

14時には、釣人は少なくなり波止先端は私だけとなり引き続けているとコッと小さなアタリを捉え2匹目のキスが釣れました。

DSC_9525

その後も数投でアタリを捉えて3目匹釣れたもののピタッとアタリが途絶え更に1時間引き続けて16時に納竿しました。

DSC_9524

今日は、なんとかキスのアタリを捉える事が出来ましたが活性が上がるのは、まだ先と感じました。

因みに海面温度は到着した時は11度でしたが、納竿時は13度まで上がってました。

この調子で常時15度を超えてくれば本格的にキスが釣れ始めると思いました。

もう暫くの辛抱です。

帰る頃には、暖かくなり夕方からのアジ狙いの方が多くなりました。

DSC_9529

「釣 果」
キ ス    3匹「17~18センチ」
2021年キス釣果累計   28匹

DSC_9527

まだまだ厳しい東二見のキス

4月19日(月)朝は風が強く結構冷えこんでましたが気温は徐々に上がってきたので10時頃に東二見白灯台波止に向かいました。

波止に上がると波止先端に数名の投げ釣り師が居られり中央でも2名の投げ釣り師が居られました。

DSC_9511

橋のところにも2名とテトラ際にも1名居られ良く見ると1名は釣友Nさんのようなのでラインを入れると橋の下に居ますとの返事が帰ってきました。

DSC_9503

私も引き釣りを始めましたが数投探ってもキスの反応が無く半時間殆どすると釣友Nさんもアタリが無いと波止上に来られました。

その後も波止の内外を引き続けているとアタリは無かったのですが小さなハゼが掛かってました。

DSC_9507

更に移動しながら昼過ぎまで探り続けていると釣友Nさんは納竿間際に強いアタリを捉えて丸々した綺麗なキスが釣れた後にも強烈なアタリを捉えフグらしいと言って巻上げると珍しいコチを釣られました。

DSC_9513

1618812097752.

その後も2人で引き続けましたが、全く餌も無くならない状況が続き昼過ぎに納竿しました。

当日の海面温度は14度まで上昇したので、そろそろキスの活性も上がり始めると思います。


「今日もチャロは元気です」
DSC_9517

依然近場のキスが釣れません

4月16日(金)天気予報で午後から雨との事で朝一用事を済ませて近場の東二見白灯台波止の様子を見に行きました。

東二見に向かう途中で釣友Nさんに釣行してますかとラインを入れると直ぐに橋の下でやってますとの返信がありました。

私は、10時に白灯台波止に到着し前回釣行でキスが釣れた白灯台波止沖向けを探ってますと連絡して引き釣りを始めますが、全くアタリが有りません。

DSC_9503

暫くして釣友のNさんも橋の方から波止に来られ全くアタリが無かったようです。

その後、2人で約2時間波止上を探り続けNさんはナマコを続けて釣られました。

私は、1回だけキスのアタリを捉えたものの食い込む事なく掛かりませでした。

流石に3時間近く引き続けて限界となり納竿しました。

DSC_9502

今日は。釣友Мさんも南側へカレイとマダイ狙いで釣行しているようなので様子を見に行きました。

南側のポイントに着くと流石に14時になっていたので、釣り人は2人だけでした。

早朝は、カレイ釣り師が大勢居られたようですが釣れないのと暑さで昼すぎには殆んど納竿されたようです。

早々に釣果を聞くと数日前から一気にカレイが釣れなくなっているとの事でしたが、釣友Мさんはキッチリ34のマコを釣られてました。


DSC_9505

松尾さんの釣友で三田から来られていた方は早朝テトラ際で大きな真鯛が掛かったもののラインが海草に掛かり外れてしまったようです。

此処のポイントでの取り込みは非常に難しく大物が掛かれば直ぐにテトラ下まで迎えに行き素早く取り込まないとバラス確率が高くなります。

出来れば、お互いにフォロー出来るよう複数体制での釣行がお勧めです。

しかし厳しい状況の中でも釣る人は釣ってます。

早く近場のキスの活性が良くなって欲しいものです。

「今日もチャロは元気です」

1618581493657.

活性が上がらない播磨新島のキス

4月15日(木)週末は天気が悪いようなので、10時過ぎから播磨新島のキス調査に向かいました。

10時半に現地に着くと車も少なく波止に降りても釣人は少なく投げ釣り師は2名だけしか居られません。

波止先端に着き常連さんに聞くも依然キスが釣れてないとの事で釣れるのは、アジがパラパラ釣れる程度で蛸も全く釣れてないようです。

DSC_9493

キスやアジが釣れないので大物のブリやヒラメも全く釣れて無いようです。

13時まで時間があるので、のんびりと引き釣りを始めましたが、常連さんが言われたようにヒトデが掛かってくるだけでした。

DSC_9494

常連さんと話をしながら気が付けば3時間近くも探り続けてました。
納竿した時には、波止上の釣人は少なくなってました。
DSC_9495

13時に納竿し自宅に帰り用事を済ませて妻をイトーヨーカドー明石店に送った後、得意の買い物待ち釣行で東二見の白灯台波止の様子を見に行きました。

DSC_9499

時間は16時になっていたので直ぐに波止センターから沖向けを探り始めると2投目でゴンと強いアタリを捉え暫く止めると僅かに魚の反応があり巻き始めると結構強いアタリで慎重に巻き上げ久しぶりの20センチの綺麗なキスでした。

DSC_9498

キスは居ると直ぐに再投入し内向けでチヌ釣りをされている常連さんと話をしながら引き釣りを続けていると再度コッと小さなアタリがあり可なり長い時間止めていると再アタリを捉え15センチ程のキスが釣れました。

釣り初めて半時間程度でしたので、いよいよキスの活性が上がり始めたかと思いつつ引き続けましたが、17時過ぎまでアタリを捉える事無く納竿となりました。

しかしながら前回釣行のように1匹ならば通りすがりのキスかと思いますが、2匹続けて釣れた事で少しは活性が上がり始めたようで今後に期待したいと思います。

「釣 果」
キ ス     2匹「13~20センチ」
2021年キス釣果累計   25匹
DSC_9500


「眠そうなチャロ」
DSC_9492
ギャラリー
  • 西宮津公園のキス調査
  • 西宮津公園のキス調査
  • 西宮津公園のキス調査
  • 西宮津公園のキス調査
  • 西宮津公園のキス調査
  • 西宮津公園のキス調査
  • 西宮津公園のキス調査
  • 西宮津公園のキス調査
  • 播磨新島のキス調査
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: