OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

今年も有難うございました。

キスの引き釣りの魅力に嵌まり15年となりました。

今シーズンも4月までは、身体のメンテをしながら近場でキスの引き釣りを始めましたが、僅かにキスが釣れるものの初釣行から厳しい釣行が続きキスのアタリを捉え始めたのは3月10日の境水道釣行からでした。

その後も近場のキスは活性が上がる事無く4月になってもパラパラ釣れる程度でゴールデンウィークを過ぎた頃から活性が上がり始めましたが、サイズ数共に満足出来るものでは有りませんでした。

5月中場から活性が上がり始め8月から9月頃までサイズは今一ですが、数は釣れるようになりました。

ところが10月に入ると急に活性が悪くなり11月には近場の池の水や泥を放出する「かい掘り」が始まり海水の汚りが酷く全くキスが釣れなくなりました。

本来ならば11月に入ると近場のポイントで良型キスが釣れ始めるのですが、今シーズンは良型キスが釣れる事無く終盤を迎えました。

今年は、家族の病院通いが続き釣行数も例年と比べて少なかったもののなんとか目標の100日釣行を達成しキス釣果の方は、なんとか1032匹の釣果でした。

しかし此処数年は、淡路島や近場でも釣れるキスのサイズ、数共に悪くなってますが来年こそはキスの当たり年になって欲しいものです。

ブログの方もヤフーブログが廃止となり1昨年6月にライブドアブログに移行しアクセス数は33万件を超えるアクセスをして頂きました。

本当に有難うございました。

来年も直近のキス情報等をメインに投稿させて頂きますので宜しくお願いします。

皆様、良いお年をお迎え下さい。

わが家に来て5年になるチャロも宜しくお願いします。
1702041719732

淡路島ランガン釣行

12月20日(水)明日から強烈な冷え込みになるようなので、今年最終の淡路島へ釣行しました。

朝一は、都志漁港から引き釣りを始めましたが、全くキスのアタリが無くフグが釣れるだけで1時間が経過しました。

やはり近場と同様にキスの活性は下がってしまったようです。

諦めた頃にボウズ逃れのキスとチャリコが釣れ更に8時頃にダブルでキスが釣れたので引き続けましたが、アタリは続かず移動を決意しました。
IMG_20231220_070216

IMG_20231220_075819

IMG_20231220_074858

移動した鳥飼新港は、都志より風が強く引き続ける事1時間全くアタリ無く撃沈し西は無理と思い志筑に移動する事にしました。

志筑では、ポイントを津名港の正面となる場所で引き釣りを始めますが、釣れるのは10センチ程のピンばかりでした。
IMG_20231220_111824

少しづつ移動しながら引き続けていると強いアタリを捉え単発で良型キスが2匹続きましたが、此処でも後が続かず移動を決意しました。
IMG_20231220_112342

IMG_20231220_110800

IMG_20231220_110810

ラストのポイントは、そろそろ潮が満潮に近づいている浦漁港に移動しましたが、浦漁港も全くキスの活性が無く1時間程経過した頃に単発でキスがアタリ始めダブルでもキスが釣れましたが、後が続かず
引き続ける意欲が無くなり14時に納竿としました。
IMG_20231220_133955

IMG_20231220_131920

IMG_20231220_131922

淡路のキスも12月に入り近場のキス同様に一気に活性が下がったようです。

明日からは、更に冷え込みが強くなるので1匹のキスを釣るのも難しくなりそうです。

「釣 果」
キ ス  13匹「10~18センチ」
2023年キス釣果累計 1032匹

IMG_20231220_135217

ハゼ釣りになりました

12月17日(日)朝から風が強いようでしたが、日差しが出た9時頃から近場の偵察に行く事にしました。

取りあえず自宅から近い魚住港に向かうと白波が立ち釣人は居られ無いようですが、釣り場まで行き暫く探って見る事にしました。

西風が強くラインが落ち着くとコッとアタリがあり小さなフグが釣れましたが、半時間程度で寒さが限界となり移動しようと思った時に初のアタリを捉え17センチのキスが釣れました。

1匹
キスが釣れたので暫く引き続けましたが、フグに針を切られ続け寒さも限界となり東二見白灯台波止の根元ならば少しは風を凌げるだろうと思い移動しました。
IMG_20231217_111556

判断は正解で風を凌げて快適に引き釣りが出来ますが、釣れるのはハゼばかりでキスのアタリを捉える事なく2時間が経過し予定が有り14時に納竿としました。
IMG_20231217_111432

IMG_20231217_131751

到着した時には、波止上に釣人が2名居られましたが、強風で昼過ぎには納竿されました。

IMG_20231217_111625

帰る間際に東二見の常連さんが来られて話しを聞くと東二見のキスも11月後半から12月12日まで釣れ続いて翌日から釣れ無くなったとの事でした。

やはり近場の播磨新島や魚住港でも同じような時期にキスが釣れたようです。

当日の東二見はアタリがあればハゼかフグでキスのアタリを捉える事は出来ませんでした。

しかし釣れたハゼは、20センチ前後が多かったので久しぶりにフライにして美味しく頂きました。
 
いよいよ近場のキスは終盤を迎えたようでキス釣り師にとって厳しい時期となりました。

「釣 果」
キ ス   1匹「17センチ」
ハ ゼ   6匹「16~21センチ」
2023年キス釣果累計 1019匹

IMG_20231217_141751

「チャロを綺麗に洗ってやりました」
1701610285837

魚住港のキス調査Ⅱ

12月14日(木)前日釣行のエサが少し残っていたので用事を済ませ妻の買い物中に前日釣行した魚住港の様子を見に行く事にしました。

現地には15時に到着したので2時間程はキスを探れそうだと思い波止に行くと1年ぶりに魚住港の達人ガッチャンが居られました。

当日も中々厳しいようでガッチャンも苦戦されているようです。

私も引き初めてもアタリは無く半時間程経過した時にガッチャンが当たったと言ってゆっくり巻き上げるとトリプルでキスを釣られました。
IMG_20231214_160421

時間は、既に16時となり活性が上がり始める時間なので引き続けていると私もピンに続きダブルでキスが釣れましたが後が続かなかったのですが、16時半頃に強いアタリを捉え当日最大の21センチのキスが釣れました。
IMG_20231214_160328

ガッチャンもダブル、単発と続き僅かな時合いを捉える事が出来ました。

こんな厳しい時でも集中してトリプルで釣られたガッチャンのテクニックは素晴らしいものです。

昨日は、朝から引き続けてもアタリが無いと言う厳しさでしたが、当日は僅かな時合いに集中し引き続けた事が良かったと思いました。

ガッチャンと素晴らしい仲間達です。
AIAUTO_0001_BURST20231214170343_COVER

ガッチャンは、まだ暫くは魚住港に通われるとの事でした。 

「釣 果」
キ ス   5匹「13~21センチ」
2023年キス釣果累計 1018匹

IMG_20231214_170308
※ガッチャンと私の釣果です。

魚住港のキス調査

12月13日(水)今シーズンは12月に入り水深の有る播磨新島でも11月頃からハゼやテカミが多く1投引く度に小さなハゼが釣れるかエサをボロボロにされる事が多くなりました。

更に、12月に入るとフグが異発に発生し針を切られる事が多くなり直近釣行でも播磨新島に通い慣れている常連さん達もキスが釣れないので釣行される方が少なくなりました。

こんな状況が続く中で先日魚住港に釣行した釣友から日ムラが有るものの上手く時合いを捉える事が出来てダブル、トリプルでキスが釣れたとの情報を頂いたので13日の11時頃に様子を見に行く事にしました。

現地に着くと釣行先で良くお会いするMさんと尼崎から来られている方が2人居られるだけだったので、釣れてないんだと思い尋ねると早朝6時から来られて全くキスのアタリが無いとの事でした。
IMG_20231213_125354

こんなに良い天気の日に地元の方達が居られ無いので、キスは釣れてないのだろう可なり厳しいんだろうと思いながら引き釣りを始めましたが、昼を過ぎた頃までにタコが3匹釣れただけでキスのアタリどころかハゼも釣れません。

更に引き続けていると13時頃に坊主逃れのキスが釣れたので時合いかと期待しましたが後が続きません。
IMG_20231213_132454

その後も、アタリを捉える事なく潮が引きになり始めた時に突然アタリを捉えダブルでキスが釣れました。
IMG_20231213_133025

直ぐに同ポイントに投入すると錘の着底後直ぐにアタリを捉え再度ダブルで釣れたので、やっと時合いだと引き続け単発で追加しましたが、その後はアタリが無くなり予定の14時となり納竿としました。
IMG_20231213_133029

当日は3時間の釣行で僅か10分程の時合いでしたが、天気が良く久しぶりに快適な釣行が出来ました。

今後は更に厳しくなりますが、僅かなキスのアタリを求めて釣行したいと思います。

「釣 果」
キ ス6匹  「10~19センチ」
2023年キス釣果累計1018匹

IMG_20231213_141718

近場の偵察に行きました

12月10日(日)釣友OさんとKさんが東二見に釣行されるとのラインが入ったので天気が良さそうなので様子を見に行く事にしました。
IMG_20231210_081749

8時前に現地に着くと釣友Oさんと息子さんが東二見白灯台根元に居られたので私も横に入れて頂き引き釣りを始めましたが全くキスの反応が有りません。

釣友Oさんは、タコに続きハゼを釣られました。

私はアタリが無いので少し内側に移動しながら引き続けているとボウズ逃れのキスとハゼが釣れたので更に移動しながら引き続け小さなテンコチが釣れました。
IMG_20231210_084741

IMG_20231208_095204

その後は、アタリも無くケムシが釣れたので近場のポイントの偵察に行く事にしました。

西の水路も日曜日なので車が多く釣り場を覗くと、カレイ狙いの方が多いようでした。

更に移動し本荘の橋を渡ったポイントにも大勢のカレイ釣り師が居られましたが、カレイの釣果は今一のようでした。

最後にマイポイントの播磨新島に行き波止に下りると馴染みの方が居られたので直近の状況を聞くも先日から青物もキスも活性が悪く今日も朝から波止全体で青物が1匹も釣れてないとの事でした。
IMG_20231210_095253

これは厳しいと思いながら波止先端に着くと釣友Aさんと地元のキス釣り師さんが居られましたが、朝からキスのアタリが無くフグに針を切られ続けて納竿寸前だったようです。

私が来たので釣友Aさんも暫く居られましたが直ぐに引き上げられました。

釣りを始めて全く何の反応も無くアカニシ貝が針に掛かり上がって来たので針を外そうと中を見ると小さなタコの足に針が掛かり貝殻に逃げ込んだようです。

その後も小さなハゼとフグが釣れるだけでキスのアタリを捉える事無く正午を過ぎてしまいました。

その頃に波止先端の飲ませ釣りの方が本日初のハマチを釣られました。
IMG_20231210_110535

IMG_20231210_110651

更に波止先端で釣られていた方の竿が大きく曲がり可なりの引きで海面に姿を見せたのは大きなチヌでした。
IMG_20231210_130312

同行者が直ぐに玉入れし上がってきたのは60センチ近い大きなチヌでした。

AIAUTO_0001_BURST20231210130318_COVER

このチヌは何時もキス釣りに来た時に波止の周りで群れている居着きのチヌだと思いましたが釣れたのを見たのは初めてです。

釣られた方は、京都から来られたEさんで凄い引きを楽しめたと満足されてました。

Eさんと話をしている最中にもフグのアタリで針を切られ集中力が無くなり13時に納竿しました。

久しぶりに近場の様子を見に来ましたが、こんなにキスの活性が下がっているとは思いませんでした。

因みに東二見で釣られていたOさんはキス4匹とハゼ13匹も釣られたようです。

IMG_20231210_113247

例年、年末まではキスのアタリを楽しめてましたが、今シーズンはキス釣り師にとって厳しくなりそうです。

「釣 果」
キ ス      1匹「16センチ」
ハ ゼ
      1匹「18センチ」
2023年キス釣果累計 1012匹

IMG_20231210_134513

シーズン5回目の淡路釣行

今シーズンの淡路釣行は、11月28日でラストにしてましたが、近場の播磨新島や江井ヶ島釣行で年に数回お会いする宝塚のKさんから12月3日に都志漁港に釣行し夜明けから日没まで強風の中で釣り続け爆釣されたとの情報を頂きました。

本来ならば直ぐに釣行したかったのですが、今週は予定が入っていたので釣行は諦めてましたが、金曜日の予定が空いたので急遽淡路へ釣行する事にしました。

12月8日(金)当日は、自宅を5時半に出て都志港に7時に到着しました。
IMG_20231208_070828

当日は、気温が上がるとの予報でしたが早朝は冷えて都志漁港に着いた時は3度と冷え込んでましたが風が無いので助かります。

キス釣り師は、4名居られましたがタックルの準備中にはキスが釣れている様子は無く厳しいようです。

前回釣行時は、数投続けてキスが釣れたので急いで引き釣りを始めますが釣れるのはフグばかりだったので暫く置き竿にしてコーヒーを飲んでいると竿先にアタリが有り巻き上げると18センチのキスとフグがダブルで釣れました。
IMG_20231208_122814

その後も2匹続けてキスが釣れたものの後が続かず満潮の時間が過ぎてアタリは全てフグと言う状態が続いたので、今回は早めに鳥飼漁港に移動する事にしました。
IMG_20231208_131741


IMG_20231208_122821

この決断が正解で鳥飼新港で引き初めて3投目で20センチの丸々したキスに続き同サイズのハゼやチヌが釣れ続きキスも1時間程アタリ続けました。
IMG_20231208_101635

IMG_20231208_095204

IMG_20231208_100043

しかし正午を過ぎた頃にピタッとアタリが無くなったので13時に再度、都志漁港の引き潮をを狙おうと都志に戻るとキス釣り師はテトラ際に1人居られるだけで可なり厳しかったんだろうと思いました。
IMG_20231208_114248

エサも少なくなっているので1時間程引いて納竿しようと引き始めると直ぐにキスのアタリを捉え1時間程でキスを6匹追加する事が出来ました。

しかし時合いは短くキスのアタリが無くなると直ぐにフグの猛攻に変わりました。
IMG_20231208_093651

IMG_20231208_072442

やはりフグが多くてもキスの群れが入ればフグより先にキスがエサ飛びつくと言う事が多く今回の釣行でもキスが釣れる時は錘が着底すると直ぐにアタリが出てキスが掛かりました。

過去には、1匹釣れても巻き続けるとダブル、トリプルで釣れる事が多かったのですか、近年は港内に入るキスの数が少ないのか中々ダブル、トリプルで釣れる事が少なくなりました。

近場の釣行でも時合いが短いので時合いを逃さないように効率よく引き続ける事が重要と思います。

「釣 果」
キ ス  17匹「ピン~22センチ」
2023年キス釣果累計 1011匹
IMG_20231208_151231

「鳥飼釣果」
IMG_20231208_125236

やはり厳しい播磨新島のキス

12月5日(火)直近釣行で全くキスの活性が下がってしまったとの情報が入っている播磨新島の様子を見に行く事しました。

当日の潮は、9時頃が底となるので8時前に現地に到着し潮変わりの時合いを狙う事にしました。

波止に下りると中央あたりで竿を曲げられている方が居られたので暫く様子を見ていると可なり大物のようで沖へ走り中々寄せる事か出来ないようでしたが、5分程で海面に姿が出て素早く玉網で取り込まれました。
IMG_20231205_070758

サイズは、80センチ程のブリで釣られたのは地元のSさんです。
本当に見事な丸々した綺麗なブリでした。
IMG_20231205_070843

到着早々に良い物を見せて頂き波止先端に着き引き釣りを始めますが、キスのアタリも無くエサもそのままで上がってきます。

釣り初めて30分程して初のアタリが有り10センチ程のハゼが釣れました。

更に引き始めると潮が込みに変わり少し動き始めた時に久しぶりにキスのアタリを捉え17センチのキスが釣れました。
IMG_20231205_090713

その後も数投で18センチのキスを1匹追加しましたが、アタリは続かず携帯電話に雨雲が近づいているとの情報が入ったので雨が降り始めるまでに納竿しようとラスト1投を投入して巻き上げるとアタリも確認出来ないのに15センチ程のキスが釣れてました。
IMG_20231205_084838

IMG_20231205_090712

もう暫く引き続けたかったのですが、空か暗くなり雨が降りそうなので急いで車に帰ると直ぐに雨が降り始めました。

当日は、2時間半の釣行でしたが風が冷たく指が悴んでエサが付けられない程の冷え込みの中で、なんとかキスのアタリを捉える事が出来ました。

当日の様子では、上手く時合いを捉える事が出来れば暫くアタリを楽しむ事が出来そうです。

因みに飲ませの釣果は、波止全体で10本程の竿が出ておりましたが、私の到着時に釣られたブリ1匹のみと厳しいようでした。

「釣 果」
キ ス  3匹「16~18センチ」
2023年キス釣果累計 994匹
IMG_20231205_102903                                                          

リールが復活しました

私は近場の釣行では、車から降りる際にリールをタックルにセットして釣り場に向かいますが、タックルにリールをセットした時にリールシートの固定が悪くタックルからリールが外れて下に落としてしまいリールシートに止めるリールの足が根元付近から折れてしまいました。
IMG_20231203_092656

その時は、予備のリールがあったので問題無く釣りをする事が出来ました。

自宅に帰り大変な事になったとリールを見て瞬間接着剤で固定し何層か上から重ねて塗り1ヶ月以上保管してました。

しかし予備リールのラインローラーやベールを固定しているネジが緩んだので締めようとしても締まらず遊びが可なりあったので先日釣具店に持ち込みメーカーに調整して貰うように依頼して預けました。

そこで1ヶ月以上保管していたリールを使おうと2日にテープとベルトで締めて使ってみました。

そのまま自宅に帰りテープとベルトを外すと見事に瞬間接着剤で付けた部分は外れてました。
IMG_20231203_101736

既にメーカーに問い合わしてましたが、生産期間終了しており部品が無い事も分かっていたので色々と考えて残っている1.5センチ程のリールの足をヤスリで削ってリールシートに掛ける事が出来ないか試みる事にしました。
IMG_20231203_110805

リールの折れた足をヤスリで削る事2時間で、やっとリールシートに2ミリ程掛かるようになり更に30分程削って、なんとか固定出来るようになりました。
IMG_20231203_123239

念のため使用時は、リールシートに固定したリールの足にグリップテープを巻いて使用したいと思います。

昨年のシーズンオフにオーバーホールを実施していたので、内部の部品に損傷が出たり落とさない限り暫く使えそうです。

「チャロが、もっと丁寧に使わないと駄目だと言ってます」

DSC_3595

終盤を迎えたようです

12月2日(土)午後から時間が出来たのでマイポイントの播磨新島の様子を見に行きました。

現地に着くと土曜日と思えない程に車が少なく西端に止める事が出来ました。

波止に下りると釣人が少なく可なり活性が悪いんだろう思いながら波止先端に向かい常連さんに聞くと昼前まで可なり風が強く青物やアジも釣れないので昼過ぎに一気に釣り人が少なくなったようです。
IMG_20231202_121150

波止先端にも飲ませの常連さんが居られるだけで、キス釣りポイントは貸切りで14時から引き釣りを始めると西風が強くなり赤灯台の陰に入らないと居れない程になりました。

投入しては赤灯台の陰に入り引き続けますが、当日はエサもそのままで上がって来る状態が続きました。

暫くすると常連さんが来られて置き竿でキスを狙われますが、アタリがあってもフグが釣れるだけでキスのアタリが無いのと強風で1時間程度で納竿されました。

私も釣り初めて2時間となり釣れる気がしなくなり16時に納竿しました。
IMG_20231202_140715

当日は、私が釣り初めた時から2時間は全く青物も釣れてません。

前回釣行の25日以降一気に冷え込み全ての魚が釣れなくなっように感じました。

今シーズンは、11月に入り良型キスが釣れ始める近場のキスポイントも全くキスが釣れない状況が続いてます。

やはり今シーズンは、気温の上下が激しかった事で、海水温の極端な上下を嫌うキスの活性が上がらず落ちシーズンになっても丸々したキスが釣れなかったように感じました。

いよいよ今年も1ヶ月になりましたが、12月中は僅かなキスのアタリを楽しみに釣行したいと思います。

「チャロのように暖かい部屋で寝てる方が正解かも」

IMG_20231129_050407
ギャラリー
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行18
  • 播磨新島釣行18
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メンバーリスト