OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

2015年12月

「2015」ラスト釣行Ⅱ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3
12月30日(水)は、前回釣行を納竿釣行と決めてましたが、釣り倶楽部会長からの誘いで都志漁港へ釣行する事になりました。

当初は、近場の漁港へ行く予定で自宅を出ましたが、明石海峡大橋を渡る時に会長が東は多分釣れないだろうと言う事になり12月に入り復活(・・?し始めた都志漁港で今年最終のキスのアタリを楽しもうと言う事になりました。

都志漁港には、7時半頃に到着し広い護岸すると流石に前回釣行とは違い多くの釣人が来られて居ました。

2人が引き釣り可能な場所を探していると、3人の釣友も来ておりキスが釣れ始めているとの事で気持ちは直ぐに引き釣りをしたい気持ちを押さえて、先ずは車中で腹ごしらえをして8時過ぎにキスを探り始めました。

会長は直ぐにキスをダブルで釣り順調に釣果を上げてますが、私は中々キスが釣れずに苦戦していましたが、1匹釣れると後は前回釣行と同じくアタリは小さいもののパラパラとキスは釣れ続けました。

途中1時間以上アタリが無い時もありましたが、昼すぎの満潮時から納竿まで活発なキスのアタリを楽しめ満足出来るラスト釣行が出来ました。

今回のような天気が続き気温が下がらなければ、1月初旬までキスのアタリが楽しめそうです。

【私の釣果】 
キ ス 14匹
ハ ゼ  2匹 
【会長釣果】 
キ ス 23匹
ハ ゼ  2匹 

イメージ 4

イメージ 5

「2015年」納竿釣行

12月26日(土)は、天気、潮共に良く今シーズン最終釣行で淡路島の鳥飼漁港へ行きました。
満潮が、昼過ぎなので8時頃に現地に到着すれば良いと思いましたが、少し早めに到着しました。
ところが、鳥飼漁港に到着すると暴風で海は大荒れの状態で釣り人は全く居られません。
とり合えず旧港から引き釣りでキスを探りますが、全くキスの反応無しで、新港も強風で陸側からは投げ辛く沖の防波堤側からキスを探る事にしました。
しかし新港も全くキスの反応無く2時間が経過しました。
やはり東が正解だったかと後悔しつつ移動をする事にしました。
前回と同じく途中の都志漁港へ立寄ると鳥飼漁港よりは風が少し弱いものの釣り人は、1名のみで前回釣行でお会いした大阪か来られた方で、釣果を聞くとパラパラとキスのアタリがありますとの事で気合いが入り私も早々にキスを探ると3投目で18センチのキスが釣れ前回釣行よりもキスのアタリがあります。
しかしコッとアタリがあるものの前回同様に中々キスが掛かってくれません。
暫くして日が出て少し風も弱まってくるとキスが頻繁にアタリ始め丁寧に足下まで引くとダブルもあり前回釣行の倍以上の釣果で満足出来る納竿釣行が出来ました。
【釣 果】
キ ス 24匹「16~22センチ」
ハ ゼ  5匹「15~20センチ」

今シーズンは、昨年11月にアクシデントがあり釣行は4月からとなりましたが、今回釣行でシーズン釣行数51回で、2008年からキス釣りの魅力に嵌まり目標としていた淡路島の尺ギスも釣れ満足出来るシーズンとなりました。

来シーズンも大ギスを求めて頑張りたいと思います。

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

今シーズンラスト釣行(・・?

12月20日()は、今シーズン最終釣行(?)で釣り倶楽部会長と淡路鳥飼漁港都志漁港へ釣行しました。
 
鳥飼漁港には、7時過ぎに到着し私は新港へ会長は旧港側でキスを探る事にしました。
 

私は新港で1時間程度全くアタリ無く旧港へ行くと会長は、数投で強いアタリがあり巻上げると22センチの良型キスが釣れたようですが、その後は、全くアタリ無く私も旧港でキスを探りますが、アタリなく2時間が経過しました。

 
やむを得ず潮が込み始める東浦へ移動する予定でしたが、都志漁港へ立寄ると流石にキス狙いの釣人は居られません。
 
天気も良く車中で遅い朝食を食べて私は少しキスを探ってみると小さなアタリがあったもののキスが掛からなかったと会長に伝えると会長もタックルを出し少し引いて見ると直ぐにキスのアタリがあり20センチと17センチのキスがダブルで釣れました。
 
私もすぐにキスが釣れ一気に気合いが入ります。
 
結局、都志で納竿までキスを引き続ける事になりましたが、キスのアタリは小さく早く合わせると中々掛かりません。
 
30分に1匹程度の厳しい状況でしたが、会長はダブルも3回あり12匹の釣果でした。
 
私もキス11匹と良型のハゼが4匹釣れました。
 
今日のような天気が続けば、12月中は、キスのアタリが楽しめそうです。
 
 
「私の釣果」
キ   ス  11匹 「15~21センチ」
ハ  ゼ      4匹 「15~18センチ」
イメージ 3


「会長釣果」
キ   ス  12匹 「16~22センチ」
イメージ 2

イメージ 1

イメージ 4








近場の明石港でキス狙い

12月13日(日)は、天気が良さそうなので昼までに帰る約束で近場の明石港へキスを狙い釣行しました。

現地には、9時頃に到着しましたが、ベランダ側にはカレイ狙いの釣り人が多いようですが、車横付けの港内には3名しか釣人は居られません。

やはりキスも終わってしまったのかなと思いながら引き釣りでキスを探り始めました。

やはり全くアタリが無く時間だけが過ぎて行きます。

やっと小さなアタリがあり巻上げると小さなキス「7センチ」が口より大きい針に掛かってました。

その後もピンギス、ハゼ、トラギスがパラパラと釣れるものの殆んどが10センチに満たない魚ばかりです。

更にラストに釣れたカレイも11センチで、これだけ小さな魚ばかりを釣るのは本当に難しいと思います。

しかしながら数時間でしたが、のんびりと釣りが出来て満足です。

来週は、淡路でリベンジしたいと思います。

イメージ 1
よくこんな小さな魚ばかりが釣れたものです

イメージ 2
良い天気になりました

近場の二見でキス狙い

12月9日(水)は、久しぶりに晴れるようなので、3時間程度ですがキスを狙い釣行しました。

朝一は、二見漁港の水道からキスを探りましたが、1時間以上全くアタリなくキスを探れる船泊の間も引き釣りで探りました。

しかし、全く反応なく暫らく置き竿でアタリを待っていると竿先に微妙なアタリがあり軽く合わすと根掛かりのようですが、直ぐに外れ巻上げると小さなタコが釣れました。

その後もキスのアタリは無く1時間以上経過しました。

あまりにも反応が無いのでラストは、本荘の赤灯台波止へ移動する事にしました。

本荘も何時もの活気が無く常連さんに聞くと全くキスが釣れなくなり釣り人は一気に減ったとの事でした。

なんとか1匹でもキスを釣りたいと残り1時間は内向け、外向けと引き続けて波止の内側で微かなアタリを捉えボウズのがれの12センチ程度のキスが釣れ納竿としました。

やはり、ここ数日の冷えこみと雨がキスの活性が下がった原因かと思いました。

イメージ 2

イメージ 1

今回も暴風で鳥飼撃沈


12月5日(土)は、鳥飼漁港へ満潮の時合いを狙い釣行しました。
鳥飼漁港には7時に到着し新港、旧港とキスを探りましたが、強烈な南西の風と波で沖のテトラを越える状況で、全く釣りにならずキスの顔を見ずに東に移動しました。

志筑まで戻ると西と違い風はあるものの寒さが全く違います。

釣場の選択に悩みましたが、浦漁港の港内に決め10時半からキスを探り始めますが釣れるのは、10センチに満たないキスや7センチ程度のテンコチしか釣れません。

11時半頃に少し強いアタリがあり18センチのキスが釣れましたが、30分に1匹ペースです。

12時過ぎに、やっと20センチのキスが釣れ、12時半にも20センチ弱のキスを追加しましたが、後が続かず13時半に納竿としました。
今回は厳しい釣行でしたが、気温が安定した日にリベンジ釣行したいと思います。

【釣 果】 
キ ス 6匹「ピン~20センチ」
タ コ 1匹 

イメージ 3
厳しい釣果でした
イメージ 2

海水温が下がってきましたが、小魚は育ってるんですね
イメージ 1
暖かそうに見えますが、風があり冷えてました


ギャラリー
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行18
  • 播磨新島釣行18
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メンバーリスト