OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

2016年04月

淡路生穂でキス狙い

4月30日(土)は、GWによる渋滞も早朝なら無いと思い釣友からキスが釣れ始めたとの情報を得た生穂に釣行しました。

6時過ぎに到着し生穂港護岸のセンターからキスを探り始めました。
イメージ 1

1投目から海草に掛かり針が切れ、2投目はフグに針を切られ中々引き釣りが出来ません。

海底が荒いので、少しづつ先端に移動しながらキスを探り5投目で10センチ程度のキスが釣れました。

更に同サイズのキスを2匹追加し10時頃に、やっと18センチのキスが釣れました。

その後は、昼まで全くアタリ無くエサもそのままで厳しい状況が続きますが、13時頃に強い前アタリと共に過去にキス釣りでは経験した事の無い強烈な引きで竿先が引き込まれそうになりました。

慎重に水面に浮かせると、なんと強烈なアタリの主は、良型キスをくわえたエソで、なんとかキスを奪還しようとエソが口を開けた瞬間にキスが抜けて奪還に成功しました。

ウロコは、ボロボロでしたが、19センチの立派なキスでした。

ラストは、20センチのキスを追加し納竿としました。

今回の釣行もアタリがあれば、キスが殆んどかかりますが、中々アタリが無くエサがそのまま上がって来る事が多く前日の冷えこみで、活性が下がったと感じました。

【釣 果】
キ ス 6匹「8~20センチ」
イメージ 2

近場の本荘へキス釣査

4月26日(火)は、前回釣行の餌が少し残っていたので、近場の本荘人工島へ16時から3時間程度キスを探って来ました。

イメージ 1

釣友からの情報でパラパラとキスが釣れ始めているとの事でしたがまだキスの活性は低いと感じました。

16時に現地に着くと平日とは言うものの投げ釣りをされいる方は数名で何時ものような活気がありません。

イメージ 2

取りあえず引き釣りでキスを探り始めましたが、全くアタリ無く2時間が経過しました。

餌もそのままで全くキスの気配がありません。

イメージ 3

赤灯台の先端で置き竿で釣られていた方は数匹のキスを釣られてました。

18時頃に数名の釣り人が来られて話を聞くと穴子狙いのようでキスは釣れてないとの話でした。

時間は、18時半となり納竿しようと投げたラスト1投に僅かな前アタリがあり10秒以上巻きを止めて久々にキスのアタリを捉えてボウズ逃れの1匹が釣れました。

その後も数投探りましたが、全くアタリ無く日没間際に納竿としました。

短時間でしたが、厳しい釣行となりました。

地元の常連さんに聞くと本格的にキスが釣れるのは、もう少し先で、日によってムラがあるとの事です。

イメージ 4

淡路津名砂場でリベンジキス

4月23日(土)は、前回釣行のリベンジで津名港砂場に5時半に到着しました。

イメージ 1

満潮が7時頃なので、タックルの準備をしつつ向かいの津名バスターミナル波止や対岸の志筑川護岸、津名沖の赤灯台波止を見ると天気が良いのに釣人が若干少ないように感じました。

6時頃からキスを探り始め数投で小さなアタリがあり上がって来たのは10センチ程度のピンギスでした。

続けてアタリがあり同サイズのキスを追加しましたが、直近の釣行では、釣れた事のない小さなキスです。

しかし前回釣果を考えると小さくても1匹は1匹で贅沢は言えません。

イメージ 2

更に引き釣りで2時間程度で18センチ前後のキスも2匹追加しましたが、この後が続かず1時間以上アタリがありません。

潮も下げ始め風も無く海は池のようにベターとして潮も全く動かずキスが釣れる気がしません。

こんな状況の中でも忘れた頃にアタリがあり1匹追加というパターンが14時頃まで続きましたが、それからは全くアタリ無く15時に納竿としました。

イメージ 4

やはり16日の暴風と17日の雨により海水温が急に低下したのが原因と思います。

4月始めのように気温が安定し海水温が上昇する事を期待したいと思います。

【釣果】
キ ス 10匹「6~19センチ」
イメージ 3

厳しい釣行でした

4月20日(水)は、大潮の満潮時を狙い炬ノ口からスタートし、洲本、志筑、津名のキスを探って来ました。

イメージ 1
炬ノ口には6時に到着し長い波止の先端まで歩き洲本川方向から引き釣りを始めましたが、船の出入りが多く引き釣りが出来ないので少しづつ移動しながらキスを探りますが、全くアタリ無く1時間程度で州本港に移動しました。

イメージ 2
洲本でも同様にキスの反応が無く時間は、既に9時となり潮は下げ初めたので、直近の釣行でキスの活性が良かった志筑川護岸へ移動する事にしました。

志筑川護岸に到着すると先週と同様に風が強くて、全くキスの気配が無く久々に〇ボーを覚悟しつつ、なんとか〇ボーを逃れたいと最終ポイントを、追い風となる津名バスターミナル波止に決めて移動しました。

イメージ 3
津名バスターミナル波止に到着し直ぐにキスを探り始めましたが、全くキスのアタリは無く時間は、既に11時となりスタートから5時間アタリもありません。

なんとか〇ボーを逃れたいと更に1時間以上キスを探り続け、12時過ぎにコッと小さなアタリを捉え何時も以上に慎重に本アタリを待ち、18センチの綺麗なキスが釣れ○ボーを逃れる事が出来ました。

イメージ 4
その後は、1匹でも追加したいと2時まで頑張りましたが、全くアタリ無く納竿としました。

4月に入りキスの活性が上がって来ましたが、一気に2月頃に状態に戻ってしまったように感じました。

やはり気温の変化が激しい事がキスの活性に影響しているように思います。

志筑白灯台波止でキス狙い

4月16日(土)は、満潮が5時過ぎで潮は長潮で気分は今一でしたが、日曜が大荒れになるようなので釣行しました。

朝一は、志筑バス停前でキスを探りますが、5投引いても全くアタリ無く潮の動きが無いので海底の海草やゴミが上げる度に掛かってきたので、移動する事にしました。

イメージ 2

私の淡路島での釣りは、車横付可能な場所を基本としていますが、以前から気になていた志筑白灯台波止でキスを探ってみる事にしました。

イメージ 1
初めての場所で、全くポイントが分からないので、長い波止の中央から先端に向けて10メートル程歩いては引き釣りでキスを探って行きました。

しかし10投しても全くアタリなく移動しようと思った時にコッと小さなアタリを捉え15秒程止めるとやっと確実なアタリがあり18センチのキスが釣れましたが、この時点で既に3時間が経過しており釣果1匹と厳しい状況でした。

更に移動しながらキスを探り納竿の3時までに、なんとか4匹のキスを追加する事が出来ました。

イメージ 3

イメージ 4

当日は、1投目から2時間以上もアタリが無く厳しい釣行となりましたが潮時の良い日にリベンジしたいと思います。

キ ス 5匹「17~20センチ」
















洲本川・砂場へキス釣査

4月9日(土)は、洲本川と洲本港内のキスの釣査に行って来ました。

イメージ 2

満潮が7時頃なので、5時半に自宅を出発し洲本に、6時半に到着すると、潮は既に満潮間際で洲本川からキスを探るか港内から探るか迷った結果、洲本川から引き釣りを始めました。

しかし、5投引いても全くキスの反応がなく、港内へ移動しキスを探り始めると1投目から小さなアタリを捉え慎重に巻き上げると水面に上がって来たのは20センチジャストのキスでした。

イメージ 1

始めから港内からキスを探るべきだった後悔しつつ2投目にもアタリがあり18センチのキスが続けて釣れたので、今が時合と一気に20センチまでのキスを2匹追加しましたが、その後はアタリが遠のいてキスの追加無く2時間が経過しました。

イメージ 3

11時を過ぎて潮が動き始めて1時間1匹程度のペースで釣れましたが、小型キスが釣れ始めました。

1時頃に当日最大の強いアタリがあり丸々肥えた23センチのキスが釣れ納竿の2時半までに1匹追加し終了としました。

イメージ 4

少しはキスが活発になってきましたが、今回の釣行では、アタリがあっても中々キスが掛からない事も多かったが、今の時期としては、満足出来る釣行となりました。

キ ス 9匹「10~23センチ」

イメージ 5

淡路志筑川波止でキス狙い

4月6日(水)は、前回釣行でキスが釣れ始めた津名港周辺と決め満潮の時合いに合わせ4時過ぎに自宅を出発しました。

津名港には5時過ぎに到着し車中で朝食を食べて6時から引き釣りでキスを探り始めました。

しかし約1時間全くアタリなく時間だけが過ぎて行く中で同行の釣り倶楽部会長は、既に23センチ最大で3匹のキスが釣れています。

潮は引き始めていましたが、8時頃に潮目が発生したので即、潮目の中へ投入するとコッと小さなアタリを捉えやっと20センチのキスが釣れました。

イメージ 1

その後は、潮目の中へ集中的に投入し約2時間で7匹のキスを釣る事が出来ました。

更に正午の納竿間際に20センチと23センチのキスがダブルで釣れ満足出来る釣行となりました。

イメージ 2

いよいよ淡路のキスが活発になって来たようです。

イメージ 3

イメージ 4

【釣 果】
キ ス 5匹「15~23センチ」
ハ ゼ 1匹「22センチ」

久しぶりに釣行しました。

4月4日(月)は、子供達が淡路島夢舞台に行きたいと言う事で昼過ぎに送り届けて午後5時までの約束で、私は1か月ぶりに津名港へキスの様子を見に行く事にしました。

潮は16時満潮で幸いに、込み潮の3時間程度引き釣りを楽しんで来ました。

13時に第1投目を投入し1色程度引いた時にコッとアタリを捉えて待つ事数秒で完璧なキスのアタリがあり18センチのキスが釣れました。

久しぶりの釣行で、1投目からキスが釣れ気分も楽になりコーヒーを飲みつつ第2投目も1投目と同じ場所に投入し引き始めると1投目と同じポイントで少し強いアタリを捉えて、21センチの丸々したキスが釣れました。

なんとか1匹追加して5匹にしたいと頑張りますが、風が強くなり水面が波立ち始めアタリがピタッと止まってしまいました。

しかし、納竿間際になんとか1匹追加する事が出来て久しぶりにキスのアタリを楽しむ事が出来ました。

いよいよ淡路のキスが、動き始めたようで楽しみです。

キ ス 5匹「17~20センチ」

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 1
ギャラリー
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行18
  • 播磨新島釣行18
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メンバーリスト