OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

2016年09月

台風通過後初の淡路釣行

9月24日(土)は、台風通過後初の淡路へ釣行しました。

潮は小潮で7時半頃が底となるので、あまり期待せずに可能な限りのポイントを調査しました。

朝一は、直近の釣行でまずまずだった明神からスタートしキスが2匹釣れるもののチャリコとフグが多く1時間程度で少し南の深草へ移動しました。
イメージ 1
深草では、数投で18センチ程度の丸々したキスが2匹釣れましたが、フグが多く投げるたびに針を切られる事が多く少し南の都志へ移動する事にしました。

都志漁港もキス狙いは早いと思いましたが、広い港で足場が良いので気持ち良く投げられるので淡路島のお気に入りのポイントです。

落ちギスシーズンには、竿を出す場所を確保するために夜中から多くの釣人が訪れる落ちギスポイントです。

当日は、キス狙いの釣人は居られませんが、車横付け可能なので、ファミリーフイッシングが多いようです。

とりあえず5投だけ引き釣りでキスを探りましたが、餌がそのまま上がってくる事が多く釣れたのは、小さなチャリコ1匹でした。

次に目指したのは、更に南の鳥飼漁港旧港でキスを探ると1投目から17センチのキスが釣れました。

続けてパラパラと同サイズのキスが釣れるものの漁港に入っているキスの数は少ないようでした。

更に調査は続きキャンプ場がある慶野松原付近のポイントを調査し面白そうな場所を見つけました。

竿は、出していませんが、10月には釣行する予定です。
この時点で時間は、9時過ぎで本来ならば納竿となりますが、キスの数も少ないので志筑で少しキスを探る事にしました。
イメージ 2
志筑で最終にするつもりで、2時間程度キスを探り20センチ超のキスは釣れないもののパラパラとアタリを楽しませてくれますが、突然ゴミが引き釣りをする海面全体に沖から流れ込み、引き釣りが出来ない程のゴミが発生したので、帰り道の浦漁港を最終ポイントとして移動しました。
イメージ 3
浦漁港へ到着した時は潮が込み始めており期待して引き始めましたが、キスはパラパラ釣れるものの良型キスは少なく納竿までにジャスト20センチのキスが1匹釣れただけでした。

久しぶりに早朝から10時間掛けて7か所のポイントを調査し釣果は少ないものの落ちギスシーズン前の調査が出来ました。

【釣 果】
キ  ス  20匹「7~20センチ」
チャリコ   3匹「 ~13センチ」
ベ  ラ   3匹「 ~19センチ」
テンコチ   3匹「 ~22センチ」
(2016年釣行日数39/キス釣果累計460匹
イメージ 4

淡路洲本砂場でキス狙い

シルバーウィークの天気は、台風16号の影響により週末が悪くなりそうなので、9月16日(金)に、洲本港砂場へ釣行しました。
イメージ 1
洲本港には、4時半に到着し、4時40分に1投目を4色程度に投入し、錘が海底に着くと直ぐにコンコンとアタリがあり巻上げる途中にも続けてアタリがあり結構な重量でチャリコがトリプルで釣れました。
イメージ 2
その後も投入する度にチャリコとハゼ、チャリコとキス、チャリコとテンコチ、チャリコとエソとキス常にチャリコが釣れる状態が続きました。
イメージ 3
空が明るくなり始めるとチャリコのアタリが少なくなり単発ですが、キスがアタリ始め本日最大となる20センチのキスも釣れました。
イメージ 4
更に、納竿までにピンギスがメインですが、何とか13匹のキスを釣る事が出来ましたが、当日のチャリコの多さには驚きました。

この調子では、暫らくチャリコの猛攻が続きそうです。

【釣 果】
キ  ス  13匹「12~20センチ」
チャリコ  20匹「  ~13センチ」
ハ  ゼ   1匹
カワハギ     1匹
テンコチ   1匹
(2016年釣行日数37/キス釣果累計440匹)
イメージ 5

今回も西淡「明神」釣査

9月10日(土)は、長潮で淡路島の潮時は今一でしたが、来週は天気予報によると曇りや雨が続きそうなので釣行しました。

釣行ポイントは、前回と同じ西淡の車横付可能な明神です。
イメージ 1
現地には、5時過ぎに到着し直ぐに引き釣りを始めまると、3投目でキスらしきアタリを捉え17センチのキスが釣れました。

その後も、単発ですが7投連続でキスが釣れました突然アタリがピタッと止まってしまい時々釣れるキスも小さくなると共にフグが掛かり始め針を切られる事が多くなりました。

なんとか20センチ超のキスを釣りたいと頑張りましたが、残念ながら19センチが最大でした。

当日は、先週の釣行と比べ気温が下がり久しぶりに快適な釣りが出来ました。

今回の釣行は、キスのアタリが明確になって来たように感じたので、いよいよ西淡のキスの活性が上がったように感じました。

【釣 果】
キ   ス   14匹「14センチ~19センチ」
ベ   ラ    1匹「16センチ」
(2016年釣行日数37/キス釣果累計427匹)
イメージ 2

シーズン初の明神釣行

台風12号接近に伴う影響が3日から出そうなので、9月2日(金)に娘のカメラ撮影も兼ねて淡路へ釣行しました。
イメージ 1
朝一は、おのころアイランド観覧車前でキスを探りましたが、少し大きくなったチャリコが良く釣れますが、キスは2匹のみでした。
イメージ 2
その後は、満潮の時合いを狙って今シーズン初の明神へ移動する事にしました。
イメージ 3
明神には9時半頃に到着し直ぐに引き釣りを始めると2投目で18センチのキスが釣れました。
イメージ 4
続けて娘に引かせるとテーパーライン寸前で強いアタリがあり当日最大となる23センチの良型キスを釣り上げました。
イメージ 5
更に20センチ前後のキスも2匹追加出ましたが、10時半頃になるとアタリが無くなりフグに針を切られる事が多くなりキスのサイズも極端に小さくなったので11時納竿としました。

回の釣行は風が強かったので、暑さを凌げ快適な釣行が出来ました。
イメージ 6
【釣 果】
キ   ス   10匹「12センチ~23センチ」
チャリコ   15匹「 8センチ~18センチ」
(2016年釣行日数36/キス釣果累計413匹)
ギャラリー
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行18
  • 播磨新島釣行18
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メンバーリスト