OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

2017年11月

東二見白灯台波止へ落ちギス調査⑩

11月29日(水)は、大阪から釣友OさんとHさんが白灯台波止に釣行されるとの事で私も昼まで釣行する事にしました。

私が自宅を出た8時半頃にパラパラと雨が降り始めましたが、白灯台に到着した頃には雨が上がって、なんとかカッパ無しで釣りが出来そうです。
イメージ 2
早々にお2人に会い釣果を聞きましたが、やはり渋いようでアタリが少なく掛かりも悪いようです。

頑張って良型キスを釣って下さいと伝えて波止中央付近に釣座を構え引き釣りを始めました。
イメージ 3
数投で20センチ弱のキスが釣れ取りあえずボウズを逃れました。

直近の釣行でキスのサイズが落ちているのが気になります。
今日も10センチ程度のキスが9号の針を飲みこんで釣れ驚きました。
イメージ 1
その後もパラパラとキスが釣れますが、サイズが小さくハゼが多く中々ゴンゴンと強烈なアタリのキスが釣れません。

10時頃から雨が降り出し久しぶりにカッパを着ての釣りとなりました。

当日は昼から予定があり、ゆっくり出来ないので、なんとか良型キスを釣ろうと広い波止を動きながら、やっと強烈なアタリがあり24センチの丸々したキスと20センチのキスがダブルで釣れました。

その後も同じ場所ではアタリが出ないので移動しながら釣果を稼ぎ活性が悪い中でしたが、キスのタプルとキスとハゼのダブルが4回ありました。

正午を過ぎて明確なアタリが出始めましたが、残念ながら時間オーバーで納竿としました。

OさんHさん雨の中での釣行、お疲れ様でした。
12月に入り、白灯台波止と西の水道側のキスが釣れ始める事を期待したいと思います。
イメージ 5
今日は、大阪から来られて居た男性から何時もOIDONさんの
カンパリ投稿見て釣行してますと声を掛けて頂きました。

今後もタイムリーな情報を投稿しますと伝えさせて頂きました。

午前中に25センチの良型キスを釣られたようですが、午後からの釣果は、どうだったのでしょうか。

【釣 果】
キ ス 13匹「10~24センチ」
ハ ゼ  5匹
(2017年 釣行数44回/キス釣果累計488匹)
イメージ 4

東二見白灯台波止へ落ちギス調査⑨

11月28日(火)も11時頃から東二見白灯台波止へ落ちギス調査に行きました。

当日は、西の水道側の状況も気になり白灯台波止に行くまでに気になる西の水道へ偵察に行きました。

現地には車が5台止まっており釣果を聞きに行こうと車を止めた時に何時も釣場でお会いする方が来られ最近会わないから気になってたんですよと声を掛けて頂き直近のキスの釣果を聞くと、昨日も6人キス釣りに来られてましたが、全くキスが釣れないと嘆いてられたとの事で釣場に下りて情報を聞きに行くのをやめて白灯台波止へ向かいました。

当日の白灯台波止は、平日と思えない程の釣人が来られてました。

狙いは、カレイのようで沖向け内向け共に投げ竿が多く並んで居ました。
イメージ 5
波止へ行くとベテランのSさんが居られ釣果を聞いていると昨日もお会いしたTさんも来られました。

早々に西の水道情報をお伝えしてタックルの準備をして波止中央付近内側で引き釣りを開始しました。
イメージ 6
当日も天気が良く暖かくなりそうで快適な釣りが出来そうです。
イメージ 1
引き釣りを始めると数投でレギュラーサイズの20センチ程度のキスが釣れ幸先よいスタートとなりました。

その後も順調にキスが釣れますが、サイズが?

直近釣行では釣れた事が無いような15センチ程度のキスが釣れました。

更に釣友のFさんも来られたのでセンター内向けで並んで釣る事にしました。

Fさんは直ぐに24センチの良型キスが釣れ順調なスタートです。

イメージ 2
しかしアタリは続くものの18センチ前後が多く波止を移動しつつキスを探りながらパラパラと釣れる状況でした。

14時頃には気温が上昇し11月と思えない程の暖かさの中でのキャスティングは、本当に快適です。

今回も満足出来るような釣果は得られませんでしたが、私もなんとか24センチのキスが釣れました。

釣行すれば、確実に25センチ前後の良型キスが釣れる魅力があるポイントです。

更なる落ちギスピークを期待して17時に納竿としました。
イメージ 3
【釣 果】
キ ス 7匹「15~24センチ」
ハ ゼ 1匹
(2017年 釣行数43回/キス釣果累計476匹)
イメージ 4

東二見白灯台波止へ落ちギス調査⑧

11月27日(月)も10時間から2時間と15時から2時間程度、東二見白灯台波止へ落ちギス調査に行って来ました。
イメージ 2
11月に入り今回で15回目の落ちギス調査となります。
イメージ 3
9月に東二見まで20分程度の場所に引越したので今年の東二見の落ちギスの爆釣が始まるのを確認してやろうと日々僅かな時間でも可能な限り釣行しています。
イメージ 4
昨年は、11月から12月末まで何度も釣行し落ちギスのピークは、12月15日頃でした。

私の知る限り釣友のO野さんの12月14日78匹5キロが最高です。

因みに私の最高記録は、12月14日の54匹です。

過去には、2013年に淡路西淡の都志港で釣り倶楽部の会長と釣行した時の釣果が半日で44匹で会長は60匹釣り会長は良型のみ20匹持ち帰り残り80匹以上を私が持ち帰りキスを開いて10匹づつパックに入れて冷凍にするまで3時間掛かった事がありました。

2013年以降は、都志の落ちギス釣果も少しづつ減少し淡路釣行も徐々に減りました。

今年は、10月25日にそろそろ東二見人工島の落ちギスが釣れ始めているのではないかと思ってマルハ釣具へ寄りキスの情報を聞きましたが、未だ1か月先ですねと寂しい話でしたが、ボウス覚悟で現地に行くと全く釣人はおられませんでした。

しかし私は、落ちギス調査を決行し誰もいないポイントで引き釣りを始めると何と直ぐに強烈なアタリと共に22センチのキスが釣れ更に、25センチの良型キスも釣れ2時間程度で殆んど20センチ以上の良型キスが12匹釣れました。
イメージ 5
その後も10月末までに4回釣行しましたが、日によってアタリが無い日もありましたが、良型キス3匹から6匹の釣果がありました。

11月に入ると全くキスが釣れない日もありましたが、釣友から東の白灯台波止で良型キスが釣れているとの情報が入り西と違い足場が良いので、落ちギス調査で日々数時間でも釣行する事にしました。

これまでも釣れるキスのサイズは十分に満足出来ますが、昨年のピーク時のように半日で、殆んど20センチ以上のキスを30匹、1日で50匹以上釣れるような日が何時来るのか楽しみで調査に通ってます。

本日も常連さんが数名来られてましたが、私が午後に到着するとN本さんの一人舞台で連続で良型キスを釣られてました。

因みに私の釣果は、殆んどアタリが無く午前4匹、午後4匹と数は厳しい釣果でした。

私の釣友Fさんも昼前から来られ前半は厳しい状況だったようですが後半は、連続でキスのアタリを捉えて10匹釣られてました。

当日は、天気が良く風も無く天気予報どうり気温も上がり久しぶりに快適な釣行が出来ました。

【釣 果】
キ ス 8匹「18~24センチ」
(2017年 釣行数42回/キス釣果累計476匹)
イメージ 1

東二見白灯台波止へ落ちギス調査⑦

11月26日(日)も昼まで3時間程度ですが、東二見白灯台波止へ落ちギス調査に行って来ました。

今朝は、現地に到着し波止へ上がっても何時ものような強い風もなく絶好の釣り日和で大勢の釣人が来られてました。
イメージ 5
流石日曜日なので、沖向け、港内側共に投げ竿かビッシリと投入されてます。

引き釣りが出来そうな場所を探しながら白灯台波止の先端に向かうと釣友のKさんと友人のWさんが居られました。
イメージ 2
Kさんの友人Wさんは、キスの釣れない撃寒時期に時々釣行する播磨新島の赤灯台で数回お会いした事のある方でした。
イメージ 4
今朝の状況を聞くとキスのアタリは無く今一のようですが取りあえず沖向けで引き釣りを始めると直ぐにキスの前アタリを捉え運よくレギュラーサイズのキスが釣れました。

その後は、アタリ無く港内向けも探りますが、潮が込み始め西に流れ始めたので、港内を探りたいのですが置竿の方に絡むので暫らくアタリの無い沖向けで探っていると再度アタリを捉えダブルでキスが釣れました。

内向けで置き竿をされていたWさんも良型キスをダブルで釣られ私も港内に投入させて頂きますがアタリは有りません。

10時頃になると早朝から来られていた方が納竿され始めたので波止中央付近に移動して1投目を投入して錘が着底して直ぐに強いアタリを捉え巻き上げると当日最大の24センチの良く肥えたキスが釣れました。

その後は、置き竿で投入されている方や子供さんのチョイ投竿にもキスが釣れ始めたので、時合かと引き続けますが、中々アタリを捉える事が出来ません。

しかしながらアタル時は、投入後錘が着底すると直ぐにコッコッと前アタリがあり暫らく止めて掛かりを確認しキスが釣れるケースが良くありました。

納竿時間が迫る正午前にアタリが集中しラスト30分で20センチ超のキスのダブルも釣れ、更に単発でも数匹追加する事が出来ました。

当日は、小潮で8時過ぎが底で17時の満潮まで潮が込み続ける潮時だったので潮が込み始め西に流れる頃にアタリが出始めたと感じました。
イメージ 3
11月末から12月始めの大きい潮に期待したいと思います。

【釣 果】
キ ス 12匹「17~24センチ」
ハ ゼ  4匹
(2017年 釣行数41回/キス釣果累計468匹)

【 竿 】
トーナメントサーフ T33-385「改」
【リール】
キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセン砂紋PE1.2号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ9号赤「自作3本針」
【 餌 】
石ゴカイ「1匹付け」
イメージ 1

東二見白灯台波止へ落ちギス調査⑥

11月25日(土)9時頃から東二見白灯台波止に落ちギス調査に行きました。

土曜日と言う事で波止は、沖向けも港内も釣人が大勢来られてました。
イメージ 2
引き釣りをする場所がないかと見ていると何時も釣場でお会いするSさんが居られ釣果を聞くと朝から中々アタリ無くアタリが合っても掛からない事が多いと言われました。

しかしながら流石に渋い中でも良型キスを沢山釣られてました。
イメージ 3
暫らく様子を見ていると置き竿の方にキスが釣れて居たので、私もタックルの準備をして引き釣りを始めましたが、Sさんが言われているように中々アタリがありません。

5投目ぐらいで、やっとアタリを捉え22センチのキスが釣れました。

なんとかボウズを逃れたので置き竿の隙間を探り歩き20センチのキスを追加しました。

その後は、20センチ近くに大きくなったチャリコや同サイズのハゼが釣れますが、キスの追加無く用事があり納竿としました。

帰り間際に釣友のM氏が来られ波止の根元近くで釣られていたので、用事を済ませて来れたら夕方に再釣行しますと伝えました。

用事を済ませて気になる西の水道に行き数名の方に釣果を聞きましたが、朝からキスは全く釣れないとの事で迷わず白灯台波止へ行く事にしました。

15時半頃に白灯台波止に着くと釣友のM・Mさん、Wさん、Hさんと達人が勢ぞろいでした。

Mさんに釣果を聞くと流石に27センチ程度の良型キスを数匹釣られてましたが数は不満のようですが、私が来てからも5投程度続けてキスを釣られました。

私は殆んどアタリ無く16時過ぎに、やっとアタリがあり単発ですが、25センチの良型キスが釣れ日が落ちる前に24センチのキスを追加しました。
イメージ 4
その後も忘れた頃にパラパラと2匹追加し完全に暗くなってからはハゼと小さなアナゴしか釣れませんでした。

やはり私は、暗い中での釣行は苦手です。

しかし東二見で釣れるキスのサイズは、殆んどが20センチを超えるのが魅力です。

【釣 果】
キ  ス 6匹「20~25センチ」
ハ  ゼ 3匹
チャリコ 2匹 
※朝の釣果含む
(2017年 釣行数41回/キス釣果累計462匹)
イメージ 1

今日も東二見白灯台波止へ落ちギス調査⑤

11月24日(金)昨日の帰りに頂いた餌があり、本日も2時間程度ですが、東二見白灯台波止へ落ちギス調査に行って来ました。

現地へ行くまでは、あまり強い風を感じ無かったのですが、東二見に到着し波止に上がり中央付近まで行くと強烈な風が吹きサビキ釣り等の方は投げられないと悲鳴を上げられてました。
イメージ 3
投げ釣りの方も数名居られますが、殆んどの方は内向けで置き竿で釣られてました。

風は治まる気配がないので、取りあえずタックルを準備し引き釣りを始めると1投目でアタリを捉え20センチのキスが釣れました。

2投目は、置き竿の方の道糸に掛けてしまったので、波止先端寄りに移動し引き釣りをする事にしました。

やっと引き釣りを始めた途端に根掛かりしガッチリとテーパーの繋ぎ目からロストしました。

初めに根掛かり等でロストする時は何時もキスが釣れない事が多く先が思いやられます。

更に数投後に再度針が掛かり切れた錘と餌木を掛けてきました。

これは、まずいと波止の中程に移動しました。

此処での1投目を引き始めるとコンコンと小さなアタリがあるも針が掛からずテーパーラインが見えてくる程の足もとで強烈なアタリを捉え巻上げると当日最大の25センチのキスと18センチのハゼが釣れました。

その後は、納竿の正午までアタリが渋い中で、なんとか2匹追加し納竿としました。

昨日と同じ時間帯に釣行しても全くキスのアタリが無く厳しい釣行となりました。

しかしながら釣れるキスのサイズが20センチ超と言うのが東二見の落ちギスの魅力です。
イメージ 2

【釣 果】
キ ス 5匹「20~24センチ」
(2017年 釣行数40回/キス釣果累計456匹)

イメージ 1














東二見白灯台波止へリベンジ釣行④

11月23日(木)は、昨日のリベンジ釣行ではなく餌がタップリ残っていたので、9時半頃から昼まで時間があったので、東二見白灯台波止へ釣行しました。
イメージ 3
祝日と言う事で釣場は多くの釣人が来られて居ると思いましたが、思ったより少なく竿1本でキスを探る場所は十分にありました。

しかしながら沖向け内向け共にカレイ狙いの方の竿が並んでおります。

沖向けは東に潮が飛んでいてカレイ狙いの方の竿が多く引き釣りは不可能と判断し港内でキスを探る事にしました。
イメージ 4
置き竿をされている方の道糸の流れに注意しながら引き釣りを始めると数投で東二見でレギュラーサイズの20センチのキスが釣れました。

更に、同じポイントに投入し錘の着底と同時コンコンと竿先にアタリがあるも中々喰い付かない状況が続きますが、アタリを感じても暫らく竿を止め合わせのタイミングを図る事で確実にキスが掛かるようになりました。

その後は、当日最大の25センチと23センチのダブルを含め3回のダブルもありアタリが完全に止まる事なく納竿の正午過ぎまで引き続け短時間でしたが、キスのアタリを満喫する事が出来ました。
イメージ 2
今後は、更にキスのアタリが活発になり落ちギスのアタリを楽しめそうです。

【 竿 】
ニュートーナメントサーフ T30-385「改」
【リール】
キススペシャルCE
【道 糸】
ゴーセン砂紋PE1.5号
【モトス】
ゴーセンホンテロン3号
【ハリス】
ゴーセンホンテロン1.5号
【仕掛け】
ささめキスイレグ9号赤「自作2~3本針」
【 餌 】
石ゴカイ「1匹付け」

【釣 果】
キ ス 18匹「17~25センチ」
(2017年 釣行数39回/キス釣果累計451匹)
イメージ 1

イメージ 5





爆釣期待し東二見白灯台波止へ③

11月22日(水)は2人の釣友から東二見白灯台波止へ釣行するとの連絡があり午後から釣行する予定でしたが、午後からは雨の心配もあり早朝から釣行する事にしました。
イメージ 1
当日の冷えこみは強烈で手が悴んでしまいます。

私が到着した時には、OさんとHさんは既に白灯台先端の釣座に居られ釣り初めて居られました。

もう1人の淡路釣行でお会いする釣友TKさんと友人もキス狙いで到着されたので、大ギスポイントの白灯台先端に入って頂きました。

釣友TKさんに駐車場の説明が出来て無かったので申し訳ありませんでした。

暫らくして状況を聞くとまだ大ギスのアタリは無いようですが、OさんとHさんご両人は昨年12月中旬の落ちギスシーズンに東二見へ来られ良型キスをクーラー満タン釣られた達人なので先日のような活性ならば爆釣される事と期待は膨らみます。

しかし良型キスのアタリは中々出ない状態が続きます。

少し明るくなり始めたので私もタックルの準備を始め引き釣りでキスを探り始め5投目ぐらいで初めてコッと小さなアタリを捉え暫らく止めるとクックッと針掛かりし巻き上げると20センチのキスが釣れました。

取りあえず1匹釣れたので、やれやれと続けて探りますが、全くキスのアタリ無く2時間が経過しました。

釣友も良型キスのアタリが無いようです。

あまりにもキスのアタリが無いのでOさんとHさんは、西の水道の様子を見に行かれました。

暫らくしてOさんから水道側も釣れないとの連絡があり白灯台へ
戻って来られました。

その後もアタリが無いので広い波止を移動しながら港内を探っていると東二見でよくお会いするSさんが来られ港内で25センチ超の良型キスを釣り始められたので、私も港内のピンポイントを探り突然ゴゴーンと久々のアタリを捉え22センチの丸々したキスが釣れました。
イメージ 2
更に港内のピンポイントを集中的に攻めて納竿の正午までに3匹追加する事が出来ました。

納竿前にはFさんやYさんも釣果を見に来られたので、なんとか1匹でも良型キスを追加したいと頑張りましたがハゼが数匹釣れただけでした。
イメージ 3
キスの引き釣りは、置き竿と違い奥が深く仕掛けは勿論、餌、引き方、合わせ方等釣れない時は悩んでしまいます。

私のブログを見て釣行して頂いた釣友には申し訳なかったですが、落ちギスは今からなので、次回は爆釣して頂きたいと思います。

本日は、お疲れ様でした。

【釣 果】
キ  ス 4匹「18~22センチ」
チャリコ 1匹
ハ  ゼ 3匹
(2017年 釣行数38回/キス釣果累計433匹)
イメージ 4

東二見白灯台波止で落ちギス狙い②

11月20日(月)は、強烈な冷え込みで釣行は休むつもりで東二見白灯台波止へ偵察に行きました。
イメージ 1
現地に着くと前日の全カレイの餌が残っていたとの事で釣場で会う数名の顔なじみの方が居られ早朝からカレイとキスを釣りに来られていたとの事で釣果をみせて頂くと丸々肥えた25センチ以上のキスを数匹釣られてました。
イメージ 2
釣果を見て一気にテンションが上がり辛抱出来ずに引き釣りを始めました。

数投で20センチ前後のキスが3匹釣れ更に強烈なアタリを捉え25センチと26センチの良型キスが釣れました。
イメージ 3
その後も納竿の昼前までに20センチ前後のキスを4匹追加し短時間で素晴らしい釣果を得る事が出来ました。

昨日もサイズは小さいものの、短時間で満足する事が出来ましたが、時合が違うと釣れるキスのサイズが大きいのに驚きました。
イメージ 5
東二見白灯台波止は、土日は足場も良くファミリーや多くの釣人が来られて釣座の確保は難しいので敬遠してましたが、平日は広い波止なので引き釣りでキスを探る事が出来る魅力ある釣場です。

これだけのサイズのキスが釣れるのも短期間と思いますので、早めに再釣行し更なる大ギスを狙って釣行したいと思います。

【釣 果】
キ ス 9匹「18~26センチ」
(2017年 釣行数37回/キス釣果累計429匹)
イメージ 4

東二見白灯台波止で初のキス狙い①

11月19日(日)今年一番の冷え込みになるとの事でしたが寒さを覚悟して昼まで釣行しました。
イメージ 3
釣場に到着すると北西の風が強くて竿を出すのを躊躇して暫らく車中で様子を見ていましたが、キス狙いの方が次々と来られました。
イメージ 1
折角来たので、タックルの準備をして潮が込み始めた7時過ぎから引き釣りを開始しました。
イメージ 2
釣場は、正面からの風と海面は大荒れで1時間引いてもキスのアタリ無く暴風の中で更に3時間引き続けましたが、キスのアタリ無く釣れるのは、テカミのみで風で波が護岸に打ち付けられて水しぶきをかぶり始めたので、午後からの予定もあり2度目の〇ボーで納竿としました。

当日は、全カレイだったので帰りに南側を走ると流石に強烈な風で外向けでの釣り人は少ない中でもM・Mさん達は頑張っておられました。

今回は、海水も濁り始め厳しいと言われてますが、何時も最終には良型カレイを釣られますので、頑張って下さいとエールを送り帰りました。

その時に東二見白灯台波止で16日に良型キスが釣れたとの話を聞き用事を済まして白灯台波止へリベンジに行きました。
イメージ 4
15時半に波止先端へ行くと数名のルアーの方が居られましたが16時過ぎには帰られたので、沖向け、水道側とキスを探るも16時半まで釣れるのは、テカミとチャリコのみでしたが、日が陰りかけた頃からキスのアタリを捉え真暗になる寸前までダブル2回と単発3回キスのアタリが続き納竿としました。
イメージ 5
サイズは18センチが最大で不満が残りますが、M・Mさんの情報でリベンジが出来ました。
M・Mさん有難うございました。

潮と時間が上手く合えば良型キスも期待出来そうです。

【釣 果】
キ  ス 7匹「15~18センチ」
チャリコ 1匹
(2017年 釣行数36回/キス釣果累計420匹)
イメージ 6
ギャラリー
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行18
  • 播磨新島釣行18
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メンバーリスト