OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

2019年11月

夕まずめの江井ヶ島海岸で落ちギス釣り

11月28日(木)今シーズン最高の潮時となる25日から落ちギスが不調の東二見周辺数か所の落ちギス調査を続けてます。

今日は、早朝に雨と風が強い中を7時に自宅を出て朝からすき屋で牛丼を食べていると雨は上がり東二見西水路から水路内の引き釣り可能なポイント数か所を調査しました。

しかしながら何処もキスのアタリを捉える事無く撃沈し江井ヶ島海岸で初めてキスのアタリがあり正午までに7匹程キスが釣れました。

昼過ぎに予定があり自宅に戻り用事を済ませ14時半頃から再度江井ヶ島海岸に向かいました。

潮は下げに入り良くないと思いながら午前中より風は弱くなってましたが、気温が下がり指先が冷たくエサを刺しにくい程です。

何時ものマイポイントを探り始めると何と1投目から強いアタリを捉え20センチのキスが釣れました。

DSC_5851

更に続けてアタリがあり僅か1時間程度で7匹のキスが釣れました。

その後もパラパラとキスを追加しましたが、日が沈むまでに釣果写真を撮る事にしました。

その頃に近くで釣りをされていた地元の方がチヌいらんかと言って頂いたので有難く頂き暗くなるまでに納竿しようと投げたラスト1投に良型キスがダブルで釣れました。

やはり江井ヶ島周辺のキスは日没間際に良型キスが釣れると確信しました。

しかし今の潮でも全く落ちギスが釣れない東二見周辺は今年も不発となりそうです。

「釣 果」
キ  ス               20匹「10~23センチ」
2019年キス釣果累計       1489匹
DSC_5852
※釣果写真撮影後に2匹追加しました。チヌは頂き物です。

東二見周辺へ落ちギス調査

11月26日(火)朝から込み潮を狙い東二見白灯台波止へ落ちギス調査に向かいました。

DSC_5843

強い北風の中を波止根元が内側外側と1時間以上引き続けましたが、全くキスの気配も無くチャリコ1匹で撃沈しました。

DSC_5844

更に、東二見西水路も梯子下で半時間程度探りましたが、此処も全くキスの気配無く撃沈でした。

DSC_5775

何時になったら落ちギスが入って来るのか今年も入らないのか・・・

朝から一度もキスのアタリを捉えずに帰れないので江井ヶ島方面に寄ると久しぶりに釣友のTさんが居られました。

朝はアタリがあったものの今はアタリが無いとの事でしたが直ぐにキスを釣られたので昼まで横に入れて頂き最近の釣況等を話ながら引き釣りを始める事にしました。

大阪から来られて居る方が好調に良型キスを釣られてますが、私はワカサギのようなキスしか釣れません。

DSC_5847

今日は、風もおさまり暖かくなって来たので、昼までのんびり出来れば良しと大きな青虫の頭を針に掛け投入し竿立てに置いた途端に強烈なアタリを捉え20センチから24センチの良型キスが続けて3匹釣れました。

DSC_5845

しかし時合いは短く全くアタリが無くなりましたが、15センチ程度のキスが忘れた頃にパラパラと釣れましたが正午が近づき納竿としました。

結局、何時もと同じような釣果で終盤近しと感じました。

「釣 果」
キ  ス               10匹「10~24センチ」
2019年キス釣果累計       1469匹
DSC_5846

シーズン初のカレイが釣れました

11月25日(月)当日は潮時が良く午前中に釣行したかったのですが、昨日不在の釣友宅へフライ用キスを持って行きました。

毎年、落ちギスが釣れる今の時期になると冷凍室にキスの在庫が増えて友人宅へ配って食べて貰います。

キスを配達する前に釣友のIさんから今日は釣行してないのとの電話があり潮時は今一ですが午後からキス狙いに行こうと言う事になりました。

釣友のIさんは現地に13時頃に到着するとの事て餌の購入をお願いして私は15時前に現地に到着しました。

現地には、Iさんの他に1名しか居られなかったので、いよいよ江井ヶ島のキスも終盤を迎えたのかなと思いながら日没まで時間が無いので直ぐに引き釣りを始めると、何と1投目から僅かなアタリを捉え20センチ程のキスが釣れました。

DSC_5830

やはり潮が込み始めたのでアタリ始めたと思いますが、後が続きません。

釣友のIさんもアタリを捉えキスを釣り始められました。

しかし、アタリがあるものの喰い込みが悪く中々掛からない状態が続きますが、パラパラとキスが釣れ続けIさんが可なり強いアタリを捉えたようで、巻き上げると25センチ超の良型キスと小型キスをダブルで釣り上げられました。

当日は曇りで日が落ち始め残り数投に期待して引き続けていると微かなアタリを捉えてゆっくり巻いていると突然強烈なアタリがあり一気に巻き上げると大きなマコガレイが釣れました。

石ゴカイを付けた3本針仕掛けの針2本を飲んでいたのが幸いしたようです。

DSC_5831

直ぐにサイズを測ると30センチに僅かに足りない29センチの良く肥えたマコでした。

DSC_5833

釣友のIさんは、道が渋滞するので納竿されましたが、前回釣行で日没後に3匹釣れた事もあり2投引きましたが、キスの追加は無く納竿しました。

今回もなんとか私もIさんも7匹のキスを釣る事が出来ましたが、釣れるキスは、日々スマートになり、そろそろ終盤近しと言う感じでした。

先日の釣行でクーラーを盗まれた記事を書きましたが、夕方にブログを見た淡路釣行でお会いする大阪のMさんの息子さんだったようです。

本当に酷い事をする人が居るので車中で仮眠する時は注意が必要です。

「釣 果」
キ  ス                7匹「14~24センチ」
2019年キス釣果累計      1459匹

DSC_5832

江井ヶ島海岸へ落ちギス調査

11月24日(日)早朝に目が覚めたので、気になる東二見白灯台波止へ行ってみようと釣り餌の小売を始めた、かんさいベイトへ寄りエサを購入し白灯台波止に向かいました。

かんさいベイト(078)920-9414営業時間4時~17時です。
11月~3月は、5時~17時で予約可能で餌の量は、近くの餌店の1.5倍程有ります。

白灯台波止には6時半頃に着きましたが、流石に日曜日で車を置く場所が無く今回も諦めて江井ヶ島方面へ向かいました。

江井ヶ島海岸のマイポイントに着いたのは、7時前で釣り場には三脚とバッカンが置かれてましたので釣場をキープしているのかと思いながらタックルの準備を始める事にしました。

早々に引き釣りを始めると3投目で18センチのキスが釣れ更に同サイズのキスが釣れましたが、後が続きません。

潮は、間もなく満潮を向かえるので、引き釣りを続けていると若い方が2人来られて三脚を置いている場所で準備を始められました。

話をすると早朝に釣場に着いてクーラー、三脚、バッカンを置いて仮眠しているとクーラーが無くなっていたとの事で本当に気の毒で言葉もありません。

更に話を聞くと舞子の方でも投げ竿を3本投げ込んでいて車に居たら竿リール共に無くなっていたと言うような事が発生しているとの事で最近は、釣具買取り店へ持ち込んだりりオークションで出品する事も可能なので気を付けないと駄目なようです。

若者2人は釣りを始めキスを釣り始めました。

私は何時ものペースで、のんびりと引き釣りでパラパラとキスが釣れますが、小型キスがメインで中々良型キスが釣れません。

若者2人共に10時頃までに25センチ程の良型キスを釣られ立派なもので数もライトタックルでダブルでも数回釣られてました。

私も11時過ぎに強烈なアタリを捉えキスならば可なりのサイズだと期待して慎重に巻上げましたが、海面に現れたのは大きなグチでした。

しかしこのアタリは大ギスを期待しましたので本当に残念です。

丁度、この後に早朝から播磨新島へ釣行されていた釣友のNさんが来られので暫く一緒に引き釣りをしました。

私も先日播磨新島の様子を見に行き5投で撃沈した事を伝え本当にキスが釣れなくなり1ヶ月となります。

これからの冷え込みで更に厳しくなると思われます。

私は午後から予定があり正午過ぎに納竿しましたが、当日のキスの活性から江井ヶ島のキスもそろそろ終盤を迎えそうな気がしました。

今年も近場の落ちギスが不調なので近日中に気になる淡路のポイントへ落ちギス調査に行きたいと思います。

「釣 果」
キ  ス         9匹「14~21センチ」
2019年キス釣果累計       1452匹

DSC_5817

今日は、キスの配達をしました。

11月も残り1週間となりましたが、私の11月の釣行数は、22日現在19日となりました。

即ち当月は今日を含めて釣行しなかったのは、僅か4日間で勤めていた時には考えられない釣行日数です。

私の釣行時間は9時から昼までとか午後3時から日没までの妻の買い物待ち釣行2時間とか短いものが多く遠征や淡路釣行以外は、長時間釣行は有りません。

しかし釣行場所により込み潮時が良いのか引き潮時が良いのか
日没間際が良いのか常に記録を残し可能な限り効率の良い釣行を心掛けています。

更に、キス仕掛けについても永年兄からの勧めで使用していた針、ハリス、モトスは今後も変えるつもりは有りませんが、釣友のIさんが使われている仕掛けに共感し今日初めて試作品を作り次回の釣行で使用する予定です。

今年は10月中頃まで釣れていたキスもツバスの爆釣と共にキスがサッパリ釣れなくなり本来ならば落ちギスが釣れ始める東二見西水路や東の白灯台波止にも落ちギスが全く入って来ない状況となってます。

しかし江井ヶ島海岸や中八木海岸で落ちギスが釣れ始め直近釣行だけで100匹程度となり冷凍室が満タンになり妻から冷凍食品が入らないとのクレームで朝から友人宅4件へキスの配達をする事にしました。

フライ用のキスです。
DSC_5812

塩焼き用の良型キスです。
DSC_5813

途中で江井ヶ島海岸に釣行している釣友の様子を見に行き無理やり冷凍キスを持ち帰って頂きました。

当日は、天気が良く暖かくて最高の釣り日和で釣人が大勢居られました。

何時も播磨新島や東二見水路へ釣行されている方もキスが釣れないので、カレイ狙いで釣行されてました。

まだ海水温が高いので東二見周辺の落ちギスが月末の潮で入り始める事を祈るばかりです。

江井ヶ島海岸へ落ちギス調査

11月22日(金)今朝の冷え込みは、今年最高と感じる程の寒さでしたが、半日程度使えるエサが残っていたので、江井ヶ島海岸へ釣行しました。

江井ヶ島海岸は、15分程歩かなければならないのですが、現地に着いた頃には、温かくなり釣場は遊歩道の下で北風に強い場所です。

現地に7時に着くと海は白波が立ち潮は引き始めており底が正午となる今一の状況でしたので、直ぐに引き釣りを始めますが、前回釣行と違い全く反応がありません。

近くに地元の釣人が2名居られましたが、アタリが無いようです。

半時間程引き続けていると突然キスのアタリを捉え18センチ程のキスが釣れました。

DSC_5805

その後も忘れた頃にアタリが有り1時間で3匹程度のペースで納竿の13時までキスのアタリを楽しみました。

当日最大のキスは丸々した22センチのキスでした。

DSC_5808

当日は、青虫を使用しておりましたがアタリが有ってもキスが掛からない事が多かったので、次回ぱ石ゴカイを使用しようと思います。

今シーズンは、播磨新島で8月から良型キスが釣れ始め青虫の方が釣れるキスのサイズが良かったので青虫オンリーでしたが、やはり今の時期は食い込みの良い石ゴカイが良さそうです。

まだ暫くは、落ちギスを楽しめそうですが、毎年突然釣れなくなりますので、潮時がベストな月末まで釣れて欲しいと思います。

「釣 果」
キ  ス        17匹「15~22センチ」
2019年キス釣果累計       1443匹
DSC_5810

近場の播磨新島・江井ヶ島へ落ちギス調査

11月20日(水)朝から風が強そうでしたが、久しぶりに播磨新島へ落ちギス調査に行って来ました。

DSC_5795

自宅を出る頃は、風も大した事は無かったのですが、播磨新島に到着し波止に降りる階段の上に立つと海は、白波が立ち波止の釣り人も少ないようです。

DSC_5400

ツバスフィーバーが収束したのかと思います。

11月5日の釣行から約半月播磨新島へ釣行して無かったので、少しは期待してましたが、波止先端に向かう途中に居られる常連さんから次々にキスは居ないよと声が掛かります。

今年は1月から播磨新島に通い続けたキスの引き釣りオンリーの私を殆んどの常連さんに覚えて頂け波止先端に行くまでに直近のキス釣況が分かる程になりました。

11月3日と4日に釣行し数時間キスを探ってアタリも無く撃沈して帰った事を思だしながら暴風の中で引き釣りを始めました。

5投引き釣りでキスを探りましたが、ハゼのアタリも無くエサもそのままです。

地元のご夫婦も来られてまたが、強風でアタリも無いので波止の根元の方へ移動されました。

当日の潮は本来は最高の時合いのはずですが、これでアタリが無ければ諦められると思い半時間程で撤退しました。

さて次は東二見西水路に向かいましたが、この風では釣り人は居ないだろうと思いながら現地に到着しましたが車も無く白灯台へ向かいました。

白灯台は、10人程居られるもののキス釣りらしき方は居られませんでした。

時間は10時半となり潮が底となる時間ですが、帰り道の江井ヶ島方面に寄る事にしました。

此処も風邪が強くて釣りになりませんが、タックルを出し少し引き釣りでキスを探りました。

数名釣人は居られましたが、潮が底では釣れないだろうと思いますが、昼まで時間があり引き釣りを続けていると播磨新島でよくお会いする地元のベテランHさんが来られたので、直近のキス釣況等を話ながら過去のキス釣況等参考になる話をお聞きしました。

11時半頃に納竿しようと思った時に僅かなアタリを捉え巻き上げると小さなキスが釣れ本日もボウズを逃れたと思いラスト1投にもキスが釣れ昼前に納竿としました。

やはり潮が底ではキスは釣れません。

「釣 果」
キ  ス          2匹「10~17センチ」
2019年キス釣果累計        1426匹

DSC_5797

午後から江井ヶ島海岸へ落ちギス調査

11月19日(火)釣友のIさんから連絡があり今シーズンのカレイは中々厳しいとの事で昨日と今日は釣行されて無かったようです。

落ちギスの方は播磨新島や東二見周辺共に11月に入り現在も落ちギスが全く釣れ無くて期待の水路も釣友が週末の度に釣行するも落ちギスは入ってないようです。

私も度々調査に行きますが、中々キスの姿を見る事も出来ない状況が続き直近は、江井ヶ島や中八木方面で落ちギスを狙って釣行しています。

当日は、釣友のIさんと久しぶりに落ちギス狙いに行こうと言う事になりましたが、直近の釣行では、潮が込み始める時間から日没に掛けての釣行がベストなので昼過ぎに現地て゜待ち合わす事にしました。

私は昼頃に到着して数投引き釣りでキスを探りますが、10センチ程度のピンギスしか釣れません。

釣友のIさんは12時半頃に来られて直ぐに引き釣りを始められて1投目から20センチ超の良型キスを釣られました。

私も数投で20センチ前後のキスが釣れたものの後が続きません。

当日は、16時頃の満潮の時合いを狙ってますので、コーヒーを飲みながらのんびりと置き竿にして時合いを待ちました。

暫くして珍しく地元の方が自転車で来られてライトタックルで引き釣りを始められると投入の度に確実にキスを1匹づつ釣り始められるのに驚きながら仕掛けを見ると1本針で効率良く釣られてました。

現地は、確かに底が荒く手前まで探ると針が掛かる事が多ので1本針を使われているようです。

しかし私は僅かなダブル、トリプルを期待して3本針を使用していますが、底が荒く針が切れたり針先が傷む事が多々あります。

当日は、風が強いものの日差しがあり寒くは無かったのですが16時を過ぎ日差しが無くなると一気に寒くなりました。

いよいよ潮が動き始め何時もの時合いだと思いエサを付け替えて投入すると直ぐに良型キスと分かるアタリを捉えて当日最大の23センチのキスが釣れました。

その後もパラパラと釣れ続けたものの何時ものようなダブル、トリプルと釣れるような爆釣タイムは無く日が落ちる時間まで引き続けて納竿としました。

当日は、前半のアタリが今一でしたが、2人共に2桁以上のキスを釣る事が出来ました。

「釣 果」
キ  ス         15匹「10~23センチ」
2019年キス釣果累計        1424匹

DSC_5789

強風の江井ヶ島海岸で落ちギス調査

11月18日(月)娘を駅まで送った帰りに東二見周辺をドライブしましたが、当日は強風でタックルを出す場所が有りません。

帰ろうかと思いましたが、こんな日こそ普段釣行しにくい場所を探しに行く事にしました。

私は、何時も車横付け可能なポイントを基本に釣行してますが、以前から気になっていた江井ヶ島の砂浜から藤江まで延びる遊歩道がありますが、江井ヶ島の駐車場に車を止めて歩道を15分程歩くと石積の波止が沢山有りますが、一部昔のままの場所があり以前躓いてリールとタックルを破損した場所の近くで風が少し防げるようなので、引き釣りを始める事にしました。

風が左から吹きますが、ラインがふけても影響無く引き釣りが出来ますが、アタリは有りません。

コーヒーを飲みながら置き竿にしていると突然竿先が引っ手繰られ合わせを入れると竿先にゴンゴンと強烈なアタリがあり20センチ前後のキスがトリプルで釣れました。

キスは居ると大きな青虫の口から大き目に針を掛け投入すると即アタリがあり強烈なアタリで22センチの良型キスが釣れました。

その後も1時間程度アタリが続きましたが、潮が引き始めるとアタリは遠ざかり1時前に納竿しました。

当日釣れたキスは良型キスばかりに驚きました。


「釣 果」
キ  ス           17匹「15~23センチ」
2019年キス釣果累計           1409匹
DSC_5786

東二見西水路と中八木海岸へ落ちギス調査

11月17日(日)9時頃から東二見白灯台と西水路の偵察に向かいました。

当日は、全カレイの日なので白灯台、東二見東、南共に投げ釣り師が大勢居られました。

続いて西水路に着くと車が多く可なりの釣り人が来られているようで釣友のIさんの車があったので多分カレイ狙いで来られて居るのだろうと釣場に向かいました。

DSC_5775

東二見西水路は連盟で釣り禁止エリアのため全カレイ参加の釣人は居られませんが、カレイ釣り師とキス釣り師が大勢居られました。

釣友のIさんの様子を見に行き暫く話をしていましたが、カレイもキスも今一のようです。

私も昼までIさんの横でキスを探る事にしましたが1時間以上全くキスの気配が無く潮目の発生も有りません。。

暫く置き竿にしてコーヒーを飲んでいると竿がガタと音がしたので軽く合わせを入れると締め込みがありカレイかと思った瞬間に足元で根に掛かりハリスごと切れてしまいカレイの姿を見れなかったのが残念です。

数年前に38センチのマコをキスの引き釣り中に釣り上げた場所なので本当に残念です。

昼前に、小指程のキスが釣れましたが予定があり納竿としました。

私が釣り始めてキスを目撃したのは2匹程度でしたので、今の時期にこれでは今シーズンの落ちギスも期待出来ないようです。

「釣 果」
キ  ス            1匹「10センチ」
2019年キス釣果累計       1384匹

DSC_5778


当日は、午後から妻をイオンに送り15時半から落ちギスが好調な中八木海岸に向かいましたが流石に日曜日で16時前でも大勢の釣り人が居られました。

時間が無いので狭い場所に入れて頂き引き釣りを始めると数投でキスが2匹釣れましたが、その後は中々アタリが有りませんでしたが16時半頃にアタリが出始めて4投連続でキスが釣れ日が沈みはじめ暗くなって来てもアタリは続き3匹のキスを追加する事が出来納竿としました。

当日は、エサを付ける事が出来ない程暗くなってからキスが引き釣りで釣れたのには驚きました。

「釣 果」
キ  ス        9匹「16~20センチ」
2019年キス釣果累計       1393匹
DSC_5781


ギャラリー
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行18
  • 播磨新島釣行18
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メンバーリスト