OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

2020年06月

高砂港もピンギスモードに突入か!

6月29日(月)天気が良さそうなので、満潮の時合いを狙い高砂港に釣行しました。

先日の釣行で釣友のMさんとKさんは早朝の時合いで20センチ超のキスを多く釣られたので本日は6時に現地に到着し波止先端に行き引き釣りを始めました。

潮は込みで沖へ流れて潮目も発生してましたが、キスのアタリは無く沖向け内向けと探り続けましたが、全くアタリを捉える無く2時間が経過しました。

DSC_7558

その間に大型船・漁船・モーターボートと結構出入りが激しく落ち着いて引き釣りが出来ません。

9時半頃に初のアタリがあり巻上げるも前回に続き大きなアナゴが釣れました。

夜釣りでアナゴ狙いをすれば可なり釣れそうです。

更に引き釣りを続けて目的のキスが釣れたのは、引き釣りを始めて3時間になる9時頃でした。

その頃に潮が引きに入り沖から港内へ潮が入り始めて、時合いはこれからだと期待しましたが、釣れるキスはピンばかりでした。

高砂港の常連さんが来られて話を聞くとテトラ上も良型キスが釣れてないので今日はベラ釣りをされていたとの事で直近の高砂港テトラポイントもキスが釣れて無いようです。

DSC_7560

3月頃から東二見へ釣行の度にお会いする男性は実は高砂港近くの方で2月3月の高砂港が釣れない頃に東二見に毎日来られてました。

DSC_7561

結局11時過ぎまで頑張りましたが、20センチを超えるキスの姿を見る事無く納竿となりました。

今回の釣行で年間のキス釣果が501匹となりましたが、近場で良型キスが釣れなくなったので、淡路島や日本海方面への遠征も考えたいと思います。

「釣 果」
キ  ス           5匹「13~16センチ」
2020年キス釣果累計               501匹
DSC_7563

良型キスが釣れなくなった播磨新島

6月28日(日)15時まで予定があり16時以降の時間が出来たので不調の播磨新島のキス調査に向かいました。

現地に16時前に到着すると日曜日にしては、車が少なく波止へ降りても釣人が少ないように感じました。

DSC_7546

波止先端に行くと釣友のOさんのグループ3名とNさんが居られました。

釣果を聞くとキスは小型がメインで釣り始めた頃が型が良かったようですか、その後は小型キスがメインとの事でした。

今日も朝からキス釣り師が居ない状況だったとの事で、此処数日もキスの活性は良く無いようです。

私も直ぐに引き釣りでキスを探り始めましたが、全くアタリが無く小型キスやハゼが巻き上げる度に餌を突いてボロボロで上がって来ます。

暫くすると小型キスのアタリも無くなり餌がそのままで上がって来るようになりました。

潮が僅かに動き始めるも直ぐに潮の動きが止まる事を繰返し活性が上がりそうな気配も有りません。

18時頃に少し強いアタリを捉え期待して巻上げると小型キスがハリスに絡まって上がって来たキスが当日初のキスでした。

その後も遠投や近場と探り続けてアタリはあるものの小型キスのようで針掛かりは殆んど有りませんでした。

飛ばしサビキでのアジ釣りも日没間際になっても数匹しか釣れてないようです。

DSC_7547

19時過ぎまで探り続けましたが、最後まで良型キスのアタリを捉える事無く雨が降り始めたので納竿としました。

此処数回の播磨新島釣行で良型キスのアタリを捉える事が出来なくなり暫く厳しい状況が続きそうです。

「釣 果」
キ  ス           4匹「12~13センチ」
2020年キス釣果累計              496匹
DSC_7554

高砂港のキス調査Ⅱ

6月27日(土)久しぶりに釣友のMさんKさんと3人で高砂港に釣行する事になり私は6時に自宅を出て6時半に高砂港に到着しました。

DSC_7536

流石に土曜日で車が多く波止に出ても西向きでルアーの方が大勢おられました。

波止先端には、釣友の姿が見えたので直行で白灯台に向かいました。

DSC_7537

釣友は、5時頃に到着していたようで直ぐにキスがアタリ始めたようで好調にキスを釣られてました。

7時半頃に釣友のWさんから連絡があり高砂港に着き波止根元で釣られているとの連絡がありました。

私も直ぐにタックルの準備をして引き釣りを始めましたが、全くアタリを捉える事無く2時間が経過します。

釣友のMさんとKさんはパラパラキスを釣られてますが、釣り始めた頃の活性では無いようです。

徐々にキスのアタリが遠のきテカミやテンコチがアタリ始めました。

私は全くキスのアタリが無く引き続けていると、やっとキスのアタリがあり17センチの当日初のキスが釣れました。

DSC_7539

その後もアタリが無いものの10時半頃に強いアタリを捉えて21センチの丸々したキスが釣れ更に3匹続けてキスを追加しました。

波止根元で釣られていたWさんも小型キスばかりだと波止先端に来られ引き釣りを始められました。

その後も、キスのアタリは無くテカミが釣れ続き昼間にもかかわらずアナゴが釣れ時刻は正午となり釣友のKさんは姫路方面へ移動しWさんも納竿され釣友のMさんを残し私は予定があり納竿しました。

DSC_7541

夕方に釣友のMさんから連絡があり一時入れ食いとなり最大22センチで30匹程の釣果との連絡がありました。

当日は朝一と昼からの潮時が良かったようです。

高砂港は、大型船の接近は余裕でかわせますが、モーターボートと水上バイクについてはスピードが速く接近が早いので注意が必要です。

「釣 果」
キ  ス           5匹「17~21センチ」
2020年キス釣果累計              492匹

DSC_7543

播磨新島のキスが居なくなりました

6月24日(水)海水の濁りが酷かった播磨新島も、そろそろ濁りが無くなっているだろう思い当日は8時に現地に到着しました。

今朝の播磨新島は、既に早朝からのルアーの方も少なくなり飲ませの竿が南向に並んでました。

DSC_7535

波止先端には、常連のOさんが何時ものスタイルで投げ竿2本の置き竿で、最近の釣行でお会いする西脇から来られている方も置き竿2本でキス狙いのようです。

DSC_7532

キス釣果の方は、やはりピンギスがパラパラ釣れる程度で良型キスは釣れて無いとの事でした。

海水の方は、此処数日では若干綺麗になっているようなので、潮の動きに期待して私は波止先端を南西から引き釣りを始めました。

約1時間引き釣りでキスを探りますが、やはり釣れるキスはピンばかりでハゼやテカミも良く釣れました。

当日は終始潮の動きも無く潮目が発生する事も無いまま正午を過ぎ良型キスのアタリを捉える事無く納竿となりました。

DSC_7534

此処数回の播磨新島釣行は雨による海水の濁りとクレーン船の出入りの際に発生する濁りもキスの活性に影響しているようです。

25日から梅雨前線の影響により可なりの雨が降るようですが、梅雨の晴れ間を狙い釣行を続けたいと思います。

「釣 果」
キ  ス           8匹「11~19センチ」
2020年キス釣果累計               495匹

DSC_7533

クレーン船出入りで濁り続ける播磨新島

6月23日(火)当日は9時に播磨新島に到着すると釣友のTさんが到着されて沢山の釣具を波止に降ろされていました。

この時間から釣行されるのは、半夜で大物を狙われるんでしょう。

私も一緒に波止先端に向かうと何時も先端に居られる常連のNさんが少し手前の外向きに釣座を構えて居られました。


DSC_7518

波止先端に行くと伊丹のAさんとキス狙いの方が1名居られましたが釣果を尋ねるとキスのアタリが無いようです。

普通は雨の濁りも無くなる頃なのに最近のクレーン船の出入りも影響していると思われます。

これでは、キスが釣れないと判断しタックルを出す事無く高砂港へ移動する事にしました。


しかし時間は既に10時なので急いで高砂港に移動し10時半に到着しました。

DSC_7519

高砂港も海水の濁りも酷く茶色の潮と赤潮が混じった状態で更ら波止先端から200メートル程沖で潜水調査をしており近日中に浚渫工事をするようです。

DSC_7521

何時も東二見に釣行されている地元の男性も居られ釣果を尋ねるもテトラ上のポイントではキスは居るようですが波止際は、やはり濁りがありキスは釣れないとの事でした。

取りあえず白灯台から何時ものポイントに向けて引き釣りを始めますが、数投でピンギスが釣れましたが、良型キスのアタリが有りません。


DSC_7522

昼前に沖から潮が入り始め少し濁りが解消し始めて強いアタリを捉え当日最大の19センチのキスが釣れました。

その後も引き続けるも20センチを超える良型キスのアタリを捉える事無く13時に納竿としました。

タックルを片付けている時に西向けでルアーを投げられている方が大物を掛けられたようで玉入れをされたので見ると大きなヒラメを釣られました。
ヒラメのサイズは、50センチ程で釣られた方は、Tさんと言う方で本当にお見事でした。


DSC_7531

本日の高砂港は海水の濁りと夕方のニュースで赤潮が発生しているとの事でした。

高砂港も海水の濁りが解消すれば釣果も期待出来そうです。

釣 
果」
キ  ス          14匹「12~19センチ」
2020年キス釣果累計               487匹

DSC_7528

朝の潮時を狙い釣行しました

6月22日(月)当日の潮は、7時半の底から9時に満潮となり16時まで引き続ける潮だったので動きがあると読んで8時に播磨新島に到着しました。

DSC_7369

ところが現地に着くと昨日2隻有ったクレーン船が1隻しか無く常連さんに尋ねると1隻は奥へ移動したとの事でした。

此処数日クレーン船の出入りが激しく雨による海水の濁りだけでキスの活性が下がっているのでクレーン船が出ると更に海水が濁り数時間釣りになりません。

取りあえず9時頃から引き釣りを始めましたが1時間でピン1匹と言う厳しいもので、先日よりは海水の濁りは少しましになってますがキスの活性は悪いようです。

10時を過ぎた頃に残っていた1隻のクレーン船の周りにタグボートが集結し始めたので嫌な予感がしましたが、予感が的中しクレーン船が出る動きを始めました。

これはいかんと早々に移動を決意し久しぶりに東二見へ行く事にしました。

DSC_7515

東二見白灯台波止も平日にしては、釣り人が多く取りあえず橋の下周辺からキスを探り始め数投でピンギスが釣れたものの後が続きません。

DSC_7519

テトラ際も数投探りましたがテカミのみでキスのアタリは無く白灯台波止の内向け外向けと11時半まで引き続けましたが、良型キスのアタリを捉える事無く正午までに納竿しました。

DSC_7514

「釣 果」
キ  ス          5匹「13~15センチ」
2020年キス釣果累計             465匹
DSC_7517

16時から僅かなアタリを楽しんで来ました

6月21日(日)午前中は予定があり釣行は休む予定でしたが、15時に全ての用事が済んだので16時から播磨新島へ向いました。

流石に日曜日で波止根元付近にファミリーが多く来ておられました。

DSC_7501

波止先端に向かうとルアーの方が多く先端には釣友のNさんが居られ手前には昨日も来られていたRさんが居られました。

DSC_7502

釣果を聞くとキスの活性は今一で朝からキスが5匹程釣れただけの事でした。

当日の潮は、正午が底で19時満潮なので予想どうり厳しいと思いながら引き釣りを始めましたが、全くアタリ無く小さなハゼが掛かってくるだけでアッと言う間に2時間が経過しました。

18時過ぎに、まずまずのアタリで19センチのキスが釣れたものの後が続かず19時頃に小型キスが2匹釣れ日没前まで探り続けましたが、アタリ無く終了となりました。

DSC_7510

当日は20時まで播磨新島に居たので、久しぶりに綺麗な夕日を見る事が出来ました。

DSC_7507

当日の潮時は今一でしたが、先日と比べて海水の濁りが無くなったので明日からのキスの活性が上がる事を期待したいと思います。

「釣 果」
キ  ス           3匹「14~19センチ」
2020年キス釣果累計               468匹

DSC_7513

残り餌の消化で播磨新島へ

6月20日(土)昨日の高砂港釣行時に釣友のMさんに頂いた餌が沢山残っていたので、昼まで赤灯台に釣行しました。

流石に土曜日で天気も良く凄い釣り人が来て居られました。

早々に波止先端に向かうと
赤灯台に向かう波止中央から先端までルアーと飲ませ釣りの方が大勢居られました。

昨日高砂へ釣行した釣友Mさんも既に来られておりキス数匹とアナゴが釣れたようです。

DSC_7487

私は、波止先端内側には常連さんが居られたので西向けから引き釣りを始める事にしました。

昨日同様に内側は海水が濁りゴミも多くキスの活性は良く無いようで釣友のMさんは、2匹目のアナゴが釣れたようです。

外の方が少しは海水の濁りがましと思い波止先端から南西を探り続けるも全くキスの反応無く3時間探ってもピンギス2匹とハゼ2匹と言う厳しいものでした。

10時頃に釣友のKさんも来られ内向け外向けと探られますが、何処もキスが釣れない状況です。

今日は、駄目だと思い早めに納竿しようと思った時に釣友のMさんも納竿されKさんは姫路方面に移動されました。

その頃に隣で釣られていた常連のOさんの竿が海面に突き刺さるような曲り方をし竿先もグイ―グイ―とアタリがあり大きなカレイが海面に姿を現したので近くの方に玉入れをお願いし無事に33センチのマコガレイを取り込まれました。

Oさんは、直近釣行でお会いする度にヒラメ、真鯛、尺カレイを2匹も釣られている凄い方です。

大きなカレイを今回も写真に撮らせて頂きました。

DSC_7488

11時頃に波止先端で釣られていた方も納竿されたので数投引いて納竿しようと投入した1投で
錘が着底して直ぐに強烈なアタリを捉え20センチの良型キスが釣れ2投目も巻き始めると即グイ―と竿先を引っ張るアタリで巻き上げる間もゴンゴンと強いアタリで海面に出て更に海中に潜る程のパワーで取り込んだキスは24センチの丸々肥えたキスでした。

DSC_7496

更に3投目も着底後1色程巻いた時にゴンとしたアタリがあり19センチのキスが釣れました。

DSC_7494

その後も2投引き続けましたが、アタリを捉える事無く正午となり納竿としました。

当日は、海水の濁りとゴミが酷くて10時頃には諦めてましたが、Oさんがカレイを釣られたお陰で写真を撮らせて頂いたり雑談をしラスト数投引いた時に僅かな時合いに遭遇出来たようです。

やはり海水が濁っていても僅かなチャンスはあるので最後まで諦めてはいけないと感じました。

「釣 果」
キ  ス           6匹「13~24センチ」
2020年キス釣果累計               465匹
DSC_7498

高砂港のキス調査

6月19日(金)久しぶりに雨の高砂港へキス調査に行きました。

自宅を出る頃には雨が可なり降ってましたが、高砂港に着いた頃に雨は少し小降りになりました。

こんな雨の中でも波止先端にはルアーマンが2人居られます。

早々に車のハッチバックを開けレインウェアを着て出撃準備を始めると釣友のMさんが到着したので、波止根元からテトラ側で、キスを探る予定でしたが、雨が強く降るまでに波止先端で探る事にしました。

DSC_7481

しかし波止先端に着くと雨の影響で加古川からの濁った水と大量のゴミが海面に流れ込み引き釣りが出来る状態ではありません。

沖向けや西向けを数投探るもののゴミがラインに掛かり引き釣りは無理と判断し波止根元の濁りの少ない場所へ戻り引き釣りを始める事にしました。

沖を流れる潮と波止根元側とは濁りが全く違いパラパラと小型キスが釣れ始めました。

アタリは殆んどがピンギスのようでコッとアタリはあるもののキス針9号には中々食い付きません。

しかしながら8時頃に初の強いアタリを捉えて当日初の20センチのキスが釣れました。

DSC_7478

その後も昼前まで2人で引き続けましたが、西風が強くなり波が出てきたので納竿しました。

次回は、海水の濁りが無い日に再釣行したいと思います。

「釣 果」
キ  ス           8匹「12~20センチ」
2020年キス釣果累計              459匹
DSC_7486

大物が釣れ続く播磨新島

6月17日(水)8時に赤灯台に到着すると平日とは思えない程に車が多いと思いながら波止先端に向かいました。

やはり最近は、飲ませ釣りでヒラメやブリが釣れ更に投げ釣りでは釣れたキスにヒラメが食い付く事もあり沖向けで可なりの竿が並んでました。

波止先端に着くと常連のNさんも飲ませ釣りとキス狙いの投げ竿を並べられてます。

DSC_7462

更に当日はキスシーズンによくお会いするRさんも来て居られました。

私は何時ものペースで沖向け西向けと引き釣りでキスを探るものの全くアタリが無く2時間程度引き続けて初のアタリを捉え21センチの良型キスが釣れましたが後が続きません。

当日も海水が濁り潮の動きが悪い中で正午まで引き続けて納竿しようと思った時に波止中央で飲ませ釣りをされている方の竿が海中に引き込まれているのが見えました。

約10分近くかかり海面に上がったブリは可なりの大物のようで、やっと玉網に納まったようなので近くに行き写真を撮らせて頂きました。

DSC_7465

サイズが85センチの綺麗なブリで釣られた男性は可なりのファイトで大変だったようです。

仕掛けを尋ねると釣行前にラインを8号に巻き変えたのが良かったと言われてました。

今回も素晴らしい釣果を見せて頂きました。
本当にお見事でした。

DSC_7466
直近釣行でブリ、ヒラメ、カンダイ、真鯛、アブラメ等が釣れているのを目撃する事が多いので更なる大物が期待出来ると思います。

キスの方は、海水の濁りが続き活性が下がってますが、濁りの回復に期待したいと思います。

「釣 果」
キ  ス          6匹 「13~21センチ」
2020年キス釣果累計                451
DSC_7470
ギャラリー
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • 終盤を迎えたようです
  • 終盤を迎えたようです
  • 終盤を迎えたようです
  • ラスト淡路釣行
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: