OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

2023年09月

潮は動けどキスは釣れず

9月29日(金)午前中は予定が有ったので、14時から播磨新島の下げ潮を狙い釣行しました。

当日の潮時は、15時半が底となる潮だったので潮の動きに期待して遅い時間から釣行です。
IMG_20230929_132608

現地に着き波止先端に着くと常連さん達は居られ無かったのですが、数ヶ月ぶりにタコ釣り師のTさんが居られたので色々と話しをしながらタックルの準備をしました。
IMG_20230929_140415

昼から釣行されている馴染みのキス釣り師さんが居られたのでキスの活性を聞くと全くキスの活性が無くハゼにテカミ更にチャリコと厳しい状態が続いているとの事でした。

私もタックルの準備をして引き釣りを始めると2投目でキスのアタリを捉えキス、ハゼ、チャリコのトリプルでした。
IMG_20230929_161303

潮はグイグイと港内に入り始め最高の潮と思いながら引き続けているとキスのアタリを捉え巻き上げていると竿先を1メートル程引ったくる強烈なアタリが有りヒラメかと期待しましたが海面に上がったのは45センチ程の大きなエソでした。
IMG_20230929_141256

私の仕掛けは年中キス針10号でハリス1.5か2号を使用しているので安心して引き抜けました。

その後もキスのアタリは無いもののタコ2匹にキビレと賑やかな釣果が続き16時を過ぎた頃に強いアタリを捉え2匹続けてキスが釣れましたが、その後はエサ取りの猛攻となり17時過ぎに納竿しました。
IMG_20230929_140543

IMG_20230929_161807

IMG_20230929_161311

当日の潮の動きでキスが釣れなければ粘っても駄目だと感じましたが、短い釣行時間で賑やかな釣果でした。

車に帰る途中で振り返ると綺麗な夕日を見る事が出来ました。
IMG_20230929_173409

やはり連日の気温の上昇により海水温が上がりキスの活性が悪いように感じました。

来週から気温が下がりキスの活性が上がる事を期待したいと思います。

「釣 果」
キ ス  3匹「13~18センチ」
2023年キス釣果累計 845匹

IMG_20230929_172320

「チャロは、何処でもゴロリンです」
IMG_20230929_065342

更に厳しい播磨新島のキス

9月26日(火)今日から潮が中潮となるので期待してマイポイントの播磨新島に釣行しました。

現地到着は6時半で波止に下りると平日と思えない程の釣り人が居られ馴染みの方と話をしながら波止先端に向かうとキス釣り師のOさんとYさんが居られたので釣況を聞くと
朝一に数匹釣れたもののキスの活性は今一でエサ取りが激しく投げる度にハゼが釣れるか素針で上がって来るとの事でした。
IMG_20230926_063719

私も7時頃から引き釣りを始めましたが、1投目からアタリも無いのに全てエサが取られるので南側も引き続けましたがキスのアタリは有りません。
IMG_20230926_081306

何投引いてもアタリ無くエサを取られ続け時々
小さなテカミやハゼが釣れるだけです。
IMG_20230926_103952

釣り初めて1時間を過ぎた頃に波止際を大きなスズキがフラフラしているのを見つけルアーマンに知らせると1投で見事に掛け近くの方が玉入れをし取り込まれました。
IMG_20230926_065427

IMG_20230926_065451

キスの方は全く活性が上がる事無くハゼ、テカミ、チャリコが時々釣れる程度で10時半頃にボウズ逃れのキスが釣れましたが、後が続かず昼前に潮が港内に少し入り始めパラパラとキスのアタリが続きました。
IMG_20230926_094925

IMG_20230926_121301

IMG_20230926_121256

その後も3人で引き続けますが、キスが釣れる事無く早朝から来られていたキス釣り師のYさんが納竿され続いてOさんも納竿されましたが、私は何時もの如く短い時合いを期待して13時半まで引き続けましたがキス1匹の追加で撃沈しました。

当日もエサ取りが酷かった事と海水の汚れが酷く竿の色が変わる程でラインもベトベトとなり帰ってからのメンテが大変です。

過去にも海水の汚れた年が有りキスの活性が下がった事が有りましたが、雨が降り海水の浄化するまで暫く厳しいかも知れません。

「釣 果」
キ ス  9匹「13~18センチ」
2023年キス釣果累計 842匹 

IMG_20230926_140830

協賛賞品が届きました

2008年から兄の影響でキスの引き釣りに嵌まり15年になりました。

やはりキス釣りの魅力は、小さなキスでも掛かった時の強いアタリは魅力があり更に良型キスとなれば強烈なアタリを楽しませてくれます。

1月から3月の激寒期
でも1匹のキスのアタリを求めて近場の海へ出かけて常連さん達と話をして帰る事も有ります。

今シーズンも身体のメンテ等で出足は悪かったのですがマイポイントの播磨新島釣行は55回となりました。

マイポイント播磨新島は自宅から僅か20分で行ける距離が魅力で妻の買い物待ちの間2時間程度でも釣行する事が出来ます。

更に播磨新島の多く常連さん達はキス釣りオンリーの私が行くと直近のキス情報を知らせて頂いたりアジが沢山釣れる時にはキス釣果より多いアジを頂く事も有ります。

私は、毎年千匹以上のキスを釣るので近所の方や友人に進呈したりキス釣りをされない常連さん達にフライ用に捌いたキスを冷凍にして釣行時に持参し喜んで頂いてます。

更に数が釣れる時期には釣行時に進呈して帰ります。

私はメーカー等の大会には参加しませんが、キス釣りを始めた時から兄の影響で「ささめ針社」のキス針を使用しているので「ささめ針社」のホームページに釣果を投稿し現在は「カンパリ」に僅かな釣果でも投稿し釣行記録を残しポイントを頂きキス針等を
購入しております。

皆さんもカンパリ投稿し釣具購入の足しにされては如何ですか。

カンパリも各種イベントが有り2022年から2023年の「カンパリ一般ユーザのささめ針社」に選ばれ日々の釣行を投稿し沢山の仕掛けを提供して頂きました。
IMG_20220827_091010

更に、キス2匹の長寸を争うささめ針「カンパリ」のオンラインキス釣りイベント「8月4日から9月17日」にエントリーし2匹合計41センチで5位になり先日協賛商品が届きました。
IMG_20230925_080114

釣具も高くなっているので有りがたいです。

このように気軽に参加出来るイベントがあれば今後も参加したいと思います。


そろそろ近場の釣り場で良型キスが釣れる時期が近づいてるので楽しみです。

キスのアタリが有りません!

9月24日(日)6時に目が覚め外を見ると少し風が有り気温25度で天気は良さそうでした。

滅多に日曜日に釣行する事は無いのですが、過去の播磨新島釣行で長潮の日に結構良型キスが釣れた事が有ったので昼過ぎまで釣行する事にしました。

日曜日なので釣人が多いだろうと思いルアーの方達が少なくなる7時半に播磨新島に着きました。

流石に日曜日で車が多く波止には大勢の釣人が来られてました。
IMG_20230924_054539

波止先端に着くと常連さんが、昨日からアジが釣れず青物もキスも釣れてないとの事でした。

両先端には、ルアーの方が居られたので内向け手前で引き釣りを始めますが、全くアタリ無く釣れるのは小さなハゼとテカミのみで1時間が経過しました。

これは厳しいと思いながら引き続けて9時半頃にボウズ逃れのキスが釣れました。
IMG_20230924_134401

しかし後が続かず更に2時間探ってキスのアタリ1回と言う厳しい状態が続いている頃に何時も播磨新島でお会いするNさんご夫婦が来られ別府港で釣られていたものの小型キスが多かったので播磨新島に来られたようです。

ご夫婦は南側で釣り始められて暫くするとロストした錘を引き上げられたとの事で見ると前回釣行時に私がロストした滅多に使わないブラテン錘でした。
IMG_20230924_133942

最近、ライン絡みで錘をロストする事が多かったのですが、前回釣行時にも常連さんに掛けて頂き戻って来ました。

最近は釣具が高くなったので本当に助かりました。

正午を過ぎて、そろそろ納竿しようと思った時に 潮が港内に入り始めキスがアタリ始め僅かな時合いを捉える事が出来ましたがアタリが続かず納竿としました。
IMG_20230924_133523

当日は釣り初めてキス2匹釣るのに5時間もかかり納竿間際の1時間で5匹と 言う厳しい釣行でした。

当日は数年前に発生した海水の汚れと同じようにスプールに汚れが付きタックルも汚れで色が変わる程だったのでキスの活性の悪さに影響しているかも知れません。
IMG_20230924_105640

播磨新島のキスは潮が動かなければ何時間引いてもキスは釣れ無い事は承知してますが、最近は干満の時間から潮の動きを読むのが難しくなりました。

そろそろ良型キスが播磨新島に入って欲しいものです。

「釣 果」
キ ス  7匹「12~17センチ」

2023年キス釣果累計 833匹
IMG_20230924_144124

「わが家に来て5年になりました」
line_16972802058472
 

強烈なエサ取りでした

9月22日(金)昨夜から早朝まで雨が降ってましたが、5時に目が覚め外を見ると雨の心配は無さそうだったので6時前に自宅を出て関西ベイトでエサを購入し播磨新島に向かいました。
IMG_20230922_061050

波止に下りるとルアーと飲ませの方達が大勢居られ波止中程でツバスを釣られてました。

波止先端に着くと内向けに淡路島釣行時にお会いした事のある男性と手前には馴染みの投げ釣り師さん
更に手前には、昨年の江井ヶ島釣行で良型キスを釣られた宝塚のKさんが居られたので皆さんに釣果を聞くとエサ取りが激しいものの早朝はキスがパラパラ釣れたようです。
IMG_20230922_120558

私は7時頃から引き釣りを始めましたが、巻き上げる度にアタリもないままエサが無くなり前回釣行以上のようです。

釣り初めて1時間以上が経過した頃にボウズ逃れのキスが釣れました。

IMG_20230922_072219

しかしキスの活性は全く上がらず釣れるのはハゼとチャリコばかりでした。

当日は、先端の近場も活性が今一のようで宝塚のKさんが好調にキスを釣られてました。

8時過ぎに少し強いアタリが有りシーズン初のカワハギが釣れましたが、エサ取りが多くキスの口にエサが届かないようです。

IMG_20230922_071230

10時頃に釣友Aさんが来られ引き釣りを始めるとパラパラとキスを釣れ始めましたが、やはりエサ取りのハゼが多く厳しいようです。

釣友Aさんは1時間程釣られましたがエサ取りの激しさに心が折れ納竿されました。

私は昼過ぎまでの釣行予定でしたがエサ取りが激しくエサの消耗が激しく残り1時間程となった時に
突然キスがアタリ始めエサ切れとなる13時半まで殆ど素針無くダブル、トリプルでアタリ続けました。

久しぶりに過去のように錘の着底後ラインを張ると直ぐにゴゴーンと強烈なアタリを捉える程のアタリが出始めました。

釣れたキスのサイズは満足出来るものでは無いものの少しづつ大きくなっており
チャリコも釣行の度に大きくなり20センチ近いものが釣れるようになりました。

IMG_20230922_130846

IMG_20230922_140909

宝塚のKさんは、エサ取りの多い時間帯もコンスタントにキスを釣り続け正午過ぎに21センチの良型キスを釣られました。
IMG_20230922_120930

宝塚のKさんの素晴らしい釣果が届きました。
1695387885532

前回釣行時もエサ取りが可なり激しかったのですが、当日もキスの活性が上がるまでの時間帯のエサの消費は酷かったので暫くはエサを多めに持参するようにしたいと思いました。

播磨新島のキスは潮が動き始めると急にアタリ始めるので潮の動きに注意して短い時合いを逃さないようにする事が重要です。

当日は
風が強く数回ミストのような雨が降り快適な釣行となりました。

そろそろ快適な釣行が出来る時期となり今後が楽しみです。

「釣 果」
キ ス 25匹「13~18センチ」
2023年キス釣果累計 826匹

IMG_20230922_143902

活性悪い播磨新島のキス

9時20日(水)久しぶりに釣友Iさんと播磨新島に釣行する事になり当日は5時半頃に現地に行くとの連絡が有り釣友Iさんから5時20分にラインで到着し先端確保しましたとの連絡が入りました。

当日は、エサを買って来て頂いたので直行で播磨新島に向かい6時過ぎに現地に到着しました。

直ぐに波止に下りて先端に向かう途中で久しぶりにツバスを釣り上げておられるルアーマンを目撃しました。
IMG_20230920_060320

波止先端に着くとキス釣り師は釣友Iさんだけで珍しく常連さんが1人も来られて無いようです。
IMG_20230920_095306

貸切りの波止先端で釣友Iさんが引き釣りを始めてましたが、キスは釣れたものの活性が悪くハゼやチャリコも釣れ無いとの事でした。

私もタックルの準備をして引き釣りを始めましたが、確かに潮の動きが無く何のアタリも無い状態が続きました。

8時を過ぎた頃から潮が少し動き始めボウズ逃れのキスが釣れたものの後が続かず時間は9時となりました。
IMG_20230920_092233

この頃から潮が少し動き始めキスのアタリが出始め僅かな時合いを捉え2人共に10匹程度ダブル、トリプルで釣れましたがキスのアタリが無くなると直ぐに小さなハゼがダブル、トリプルで釣れエサだけを取られるようになりました。
IMG_20230920_100304

IMG_20230920_105708

IMG_20230920_110056

あまりにもエサ取りが激しいのでタコ釣り師さんに釣れた小ダコの足を頂いてキスを探ると2投目にキスが釣れたのには驚きました。
IMG_20230920_110257

10時頃に久しぶりに飲ませ釣り師のIさんの竿が大きく曲がり様子を見ていると青物を釣り上げられたようで写真を撮りに行くと綺麗な丸々とした65センチのメジロでした。
IMG_20230920_104024

そろそろ青物の活性が上がり始めたようで、大物釣り師のMさんが来られたのでタイミング良く掛かりの浅いキスを数匹進呈すると今日はプレゼントを持って来たと言って前回釣行時に帰る途中で落としたシャツを手渡して頂きました。

私が何時も釣行時に来ているシャツを覚えて頂いてたようです。

当日は、前回釣行時にロストした錘2個も釣友に掛けて頂き更にシャツまで戻って着て釣果は今一でしたが、良い1日になりました。

昼頃に釣友AさんとNさんが来られ引き釣りを始めるとパラパラとキスを釣り始められたので時合かと思いましたが、早朝から来ていたIさんが納竿され私も14時頃に納竿しました。
IMG_20230920_131533

当日の僅かな釣果はシャツを届けて頂いたMさんに持ち帰って頂きました。

帰る間際には潮が港内に入り始めていたので帰宅後釣友に聞くと可なり活性が上がったとの事でした。

やはり播磨新島のキスは潮が動けば釣れますが、潮の動かない時間帯にはキスの活性は上がりません。

過去のような爆釣タイムは少なくなりましたが、良く潮が動く日にはパラパラと釣れながら短い爆釣タイムが有るので潮目に投入し引き続ける事が重要です。

「釣 果」
キ ス 17匹「13~18センチ」

2023年キス釣果累計 801匹 
IMG_20230920_135124
※キス3匹飲ませのエサに進呈

「チャロは涼しい部屋で満足です」
IMG_20230919_083754

播磨新島のキス調査

9月18日(月)昨日も播磨新島のキスが好調との情報が釣友から入ったので6時半に自宅を出て播磨新島に向かいました。

現地到着すると波止にはルアーの方が多いようですが、相変わらず青物の活性は今一のようです。
IMG_20230918_060001

波止先端には1名づつ釣人が居られましたが、常連のキス釣り師さんは居られなかったので先端内向けに釣り座を確保し引き釣りを始めた頃に昨日ダイワキスマスターズに参加し優秀な成績を上げられたAさんが鹿児島から800キロの距離を走破して残ったエサを届けに来てくれるとの連絡が入りました。
IMG_20230918_070315

その頃からキスのアタリが出始めたので近場の釣友達にラインを入れると次々と3名が来られ行き成りダブル、トリプルでキスを釣り始めました。
IMG_20230918_110209

特に昨日ダイワキスマスターズに参加されたAさんは疲れているにも関わらずトリプル3回も続け1時間程は素針無く釣り続けられました。

更に、釣友NさんとIさんも来られて直ぐにキスを釣り始め暑さがピークとなる11時頃まで活性が有りました。
IMG_20230918_135825

その後は、潮は港内に入っているにも関わらずアタリが途絶え14時頃まで頑張りましたが、風が止み暑さも限界となり納竿としました。

当日も早朝は、キスが釣れる事無く潮の動きと共に8時過ぎから活性が上がり始め実質2時間程度の短い時合いでしたが、4人で140匹超の釣果でした。

特に釣友Aさんは短時間で57匹も釣られたのには驚きました。

当日は、9時頃から11時頃まで活性が上がり正午に掛けてアタリが途絶えたので、潮を読み短い時合いを如何に見極めるかが重要と感じました。

「釣 果」
キ ス 33匹「14~18センチ」
2023年キス釣果累計 784匹 

IMG_20230918_140149

「数は釣れても良型キスが釣れないとチャロが言ってます
IMG_20230913_224417

活性が上がり始めた播磨新島のキス

9月16日(土)月曜日に購入したエサが、少し残っていたので昼までマイポイントの播磨新島のキス調査に行きました。

流石に土曜日で車が多く波止に下りる場所から100メートル程東に車を止め波止に下り先端に向かいました。
IMG_20230916_055059

波止に下りると馴染みのルアーマンが居られたので青物の活性を聞くもサッパリのようです。

更に、波止先端近くで釣友Kさんが夜中からアジ釣りに来て100匹以上釣られたようです。

波止先端左側には飲ませ釣りの方とルアーマンが居られ右側には馴染みのYさんが居られたので隣に入れて頂き活性を聞くと今一のようです。

私もタックルの準備をして引き釣りを始めましたが何のアタリも無く半時間程度経過しました。

播磨新島のキスは明け方までに釣れ始める事は少なく8時頃からアタリ始める事が多いようです。

当日も予測道理7時過ぎからキスがアタリ始め先端のYさんと共にダブル、トリプルでキスが釣れ始めて潮の動きが止まるとアタリは少なくなりますが、完全に止まる事なく10時頃までパラパラと追加する事が出来ました。
IMG_20230916_072756

IMG_20230916_064940

その頃に
Yさんの釣友Hさんと谷八木のNさんご夫婦が来られパラパラとキスを釣り始められました。
IMG_20230916_102113

IMG_20230916_120453

私は昼から予定が有りエサも使い果たしたので昼前に納竿しました。

納竿した頃から潮が港内に入り始めアタリ始めたようです。

当日の潮は、8月末の潮と同様の潮時だったので期待出来そうで、久しぶりに波止先端部で渦が巻き最高の時合いがスタートし始めたようで、
次回お会いした時に皆さんに結果を聞くのが楽しみです。

IMG_20230916_120502

当日は、短い釣行でしたが良型キスも1匹釣れキスのサイズも少し大きくなっており今後が楽しみです。

「釣 果」
キ ス 25匹「14~22センチ」
2023年キス釣果累計 751匹
 
IMG_20230916_115736

「熱中症に注意やでとチャロが言ってます」
IMG_20230915_060638

今シーズン50回目の播磨新島釣行

9月14日(木)直近の播磨新島のキスは、活性が下がり小型化しているようですが、当日は6時から様子を見に行きました。

現地に着くと結構風が有り波止先端に向かう途中は涼しく感じる程でした。
IMG_20230914_054107

波止先端に着くと馴染みのキス釣り師のOさんとYさんが波止先端内向けに居られ手前にも三脚が2台有りグループの方達が4名居られたので、内向けは無理と判断し先端外向けに釣り座を構える事にしました。

釣り初めて暫くすると淡路島の上空に黒い雲が発生し小雨が降りましたが、
ミスト程度だったので快適でした。
IMG_20230914_054056

潮は込みで神鋼ケーソン側へゆっくり流れている状態だったので、暫く外向きを探り潮が引きに変われば内向けを探ろうと思い引き釣りを始めると1投目から足下でキスのアタリを捉え行き成りキスの
ダブルとハゼが釣れました。
IMG_20230914_054728

その後も単発ですが、ピンポイントでハゼに混じりキスが釣れ続けました。
IMG_20230914_062003

当日はタコ、イカ、オコゼ、ゴンズイと珍しいものが釣れ続きました。
タコは納竿までにリリースサイズを2匹追加しました。
IMG_20230914_093449

IMG_20230914_100802

IMG_20230914_124313

ピークは無いものの昼頃までキスのアタリが途絶える事無くパラパラとアタリ続けました。

今回の釣行も20センチを超えるキスは21.5センチ1匹と厳しいものでしたが抱卵キスが復活していたので活性が上がるかと思いました。

IMG_20230914_073739

正午前に釣友Nさんが来られた頃から潮が港内に入り始めたので、これから活性が上がり始めそうでしたが予定が有り13時に納竿しました。

当日の潮は9時満潮でしたが、引きに入っても中々潮が港内に入り始めなかったので午後から期待出来そうです。

播磨新島のキスは潮が動かなければ釣れません。

「釣 果」
キ ス 25匹「13~21.5センチ」
2023年キス釣果累計   726匹 

IMG_20230914_125727

「チャロは元気です」
IMG_20230913_224417

高砂港・播磨新島のキス調査

9月12日(火)シーズン3回目の津居山漁港に釣行する予定でしたが、目が覚めたのは6時でした。

仕方無く6時半に自宅を出て釣友が居る播磨新島に行く予定でしたが、直近釣行で一気にキスの活性が下がったので朝一は高砂港の様子を見に行く事にしました。
IMG_20230912_064836

現地に着き波止に下りると波止根元に若いキス釣り師さんが居られたのでキス釣果を聞くも全くアタリ無しとの事でした。

取りあえず少し離れた場所でタックルの準備をしていると少し先にキス釣り師が居られたので良く見ると播磨新島で良くお会いするYさんでした。
IMG_20230912_064852

Yさんは早朝に来られて波止根元で直ぐにキスが釣れたので引き続けるも後が続かず少しづつ波止中央に移動しながら引き続けておられますが、キスの活性は今一との事でした。

私も引き釣りを始めましたが、アタリ無く時間だけが過ぎて行きました。

時間も8時半となり少し波止根元を探り釣れ無ければ播磨新島に移動しようと思いました。

波止根元で引き釣りを始めると足下で当日初のキスのアタリが有り15センチ程のキスが釣れました。

更に引き続けるとコッとアタリが有りますが、キスが掛からず引き続けていると10センチ程のキスがダブルで釣れました。
IMG_20230912_075246

その後も単発で10センチ程のキスが続いたので9時半に播磨新島へ移動しました。

播磨新島に10時に着くとルアーの方が少なくなる時間だったので波止に下りる際に車を止める事が出来ました。
IMG_20230912_091610

波止に下りて先端に向かうと内向けに馴染みのキス釣り師さんが2人居られ外向きには釣友が飲ませの竿を並べてました。

夜中にエイが3匹も掛かり取り込みが大変だったようですが、本命の青物やヒラメのアタリが無いようです。

私は内向けで引き釣りを始めるとハゼとチャリコに混じり15センチ前後のキスがパラパラ釣れる程度で昼を過ぎても潮は動かず活性が上がる事無く14時まで引き続け納竿としました。
IMG_20230912_115633

IMG_20230912_131809

当日は、キス釣り師が4名居られましたが、最後まで活性が上がる事無く釣れるキスが更に小型化したように感じました。

やはり潮が動かなければキスの活性は上がりません。

帰る途中の波止中央で竿を曲げて居られる方が有り海面に上がって来たのは立派なタコだったので撮影させて頂きました。
IMG_20230912_141512

立派なタコを釣られたのは、地元播磨町のSさんでした。

今シーズンは、近場で釣れるキスが20センチを超えるものが少ないように感じますが、今後に期待したいと思います。

「釣 果」
キ ス 15匹「10~17センチ」
2023年キス釣果累計 701匹 

IMG_20230912_140552

「チャロが、やっと涼しくなったと言ってます」
IMG_20230823_083157
ギャラリー
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • リールが復活しました
  • 終盤を迎えたようです
  • 終盤を迎えたようです
  • 終盤を迎えたようです
  • ラスト淡路釣行
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: