OIDON KISU

2008年から兄の影響で、本格的にキスの引き釣りに魅せられ淡路島をメインに年間40日程度釣行し念願の尺ギスを2015年11月26日に大荒れの淡路島都志漁港で釣る事が出来ました。 リタイア後は、播磨新島や東二見周辺をメインに年中僅かな時間があればキス釣りを楽しみ2019年の釣行数は200日を超えました。 ブログを始めたきっかけは、自己の釣行記録を残す事を目的として立上げました。

釣行記

播磨新島釣行19

7月20日(土)当日は昼から予定が有るので珍しく早朝5時に自宅を出ました。

途中で
エサ購入の為に関西ベイトに向かう途中で雨が降り始めたので引き帰えそうかと思いましたが、現地まで行き様子を見る事にしました。

現地に着き暫くすると雨は小降りになり空が明るくなり始めたので早々に波止に降りて先端に向かいました。
IMG_20240720_052507

当日もアジが釣れないので飲ませ釣りの方は居られませんが前回釣行時にルアーでモジャコが沢山釣れていたので、ルアーの方が多いようです。

何時もの先端ポイントで引き釣りを始めると直ぐに小型キスがダブルで釣れましたが、良型キスのアタリが有りません。

IMG_20240720_053148

その頃に三田のOさんと常連のIさんが来られ私が珍しく早く着ていたので、驚かれてました。

三田のOさんと常連のIさんは赤灯台の陰になるシルバーシートで釣り始められましたが、私は内向け先端手前に釣り座を構えて昼まで頑張る事にしました。

しかし釣り初めて3時間経過しても小型キスとハゼ更にフグばかりで良型キスのアタリを捉える事無く心が折れ掛けた頃に何時も播磨新島でお会いするNさんご夫婦が来られたので、今日はキスの活性が上がらず強烈な暑さなので赤灯台の陰から釣り始めるようにお勧めしました。

私も港内側で引き続けましたが、アタリが無いので先端外側に移動し当日最大の18センチのキスが釣れました。
IMG_20240720_062849

その時に隣で釣られていたNさんのご主人は、
ハゼの活性が高い中で小型キスを4連で釣られました。
IMG_20240720_095324

その頃から潮が港内に入り始め釣友Nさんが来られ2人で引き続けましたが、20センチ超のキスを釣る事が出来ずに潮の動きが無くなり暑さも限界となり昼までに納竿としました。

直近の播磨新島釣行では、久しぶりに厳しい釣行となりましたが、やはり潮が動かなければハゼの活性が高くキスの口にエサが届きません。

大物釣り師のMさんは、アジが釣れないので飲ませ釣りは休みで快適なパラソルの下でタコ釣りに専念されてます。
IMG_20240720_110443

この時期の釣行は、
十分に水分補給をして適度に陰に入りながらの釣行をしないと本当に危険です。

Nさんご夫婦は何時も私のブログを見て頂いておりチャロとクロの事を良く話す事がありますが、当日は
チャロとクロのおやつを持って来て頂きチャロ、クロ共に喜んでます。
IMG_20240720_095459

「釣 果」.
キ ス 12匹「10~18センチ」
2024年キス釣果累計 244匹

IMG_20240720_111857

播磨新島釣行18

7月17日(水)雨の心配が無さそうだったので前回釣行のエサが残ってたので、昼過ぎまでマイポイントの播磨新島のキス調査に行く事にしました。
IMG_20240717_065154

波止に降りて先端に向かうと両先端に置き竿の方が居られ赤灯台の陰にも常連さん達が大勢居られたので港内側手前で引き釣りを始めると日差しが強く風が無いので額から汗が流れ落ちる状態です。
IMG_20240717_091521

数投で定番のピンギスやハゼが釣れ始めますが、良型キスのアタリが無く1時間程経過した頃に少し強いアタリが有り18センチのキスが釣れました。
IMG_20240717_101155

その頃に釣友Nさんが来られて隣で引き釣りを始めると3連4連でピンギスやハゼを釣り始めますが、やはり良型キスのアタリが無いようです。

当日もエイが群れで足元を通過するので注意をしてましたが、エイに掛かり150メートル程ラインが出てしまいドラグが無いので竿とリールをフリーにして苦労しましたが100メートルまで巻き取って針が外れてライン、錘共に無事に回収出来ました。

巻き取った仕掛けを見ると3本針の上針にエイが掛かっていたようで針が伸びて外れたようでラッキーでした。

直近釣行でエイに掛けられる事が多くなったので可成り注意をしないとタックルを引き込まれてしまいます。

11時を過ぎて潮が動いてもキスの活性が上がらなかったのですが、正午を過ぎた頃に釣友Nさんが25センチの大ギスを釣られて一気にテンションが上がりラストスパートで引き続け私にも22センチの良型キスが釣れ更に4時から来られている加東市のOさんも良型キスを釣られました。
IMG_20240717_122032

IMG_20240717_123840

IMG_20240717_125429

その後も数匹良型キスを追加しましたが、時合いは短くピンギスやハゼがアタリ始めたので13時過ぎに納竿しました。
IMG_20240717_113341

当日は早朝もキスの活性が今一で常連さん達も11時頃に納竿されたので、今日は駄目かと思いましたが、潮の動きで一気に活性が上がり短い時合いを捉える事が出来ました。

久しぶりに播磨新島の大ギスを釣友Nさんに拝ませて頂きましたが、梅雨が明ける頃には更に良型キスの活性が上がり始めると思います。

「釣 果」
キ ス  20匹「8~22センチ」
2024年キス釣果累計 252匹
※ピンギス4匹アオサギに進呈
IMG_20240717_132048

播磨新島釣行17

7月15日(月)8時頃に釣友Aさんが播磨新島に釣行するとのラインが入ったので用事を済ませて11時頃に現地に行きました。

現地に着くと小雨が降っていたので流石に波止の釣人も少なく波止先端の常連さん達も納竿されキス釣り師は釣友Aさんだけでした。

釣友Aさんにキスの活性を聞くと潮が動かずピンギス、ピンハゼ、ピンヒイラギがダブル、トリプルで釣れ心が折れかけているとの事ですが、隣に入れて頂き引き釣りを始めると数投で小型キスがダブルで釣れましたが、その後はピンギスとピンハゼが釣れ続けました。
IMG_20240715_115947

昼を過ぎた頃に単発で良型キスが釣れましたが後が続きません。
IMG_20240715_135746

釣友Aさんは、私が来たので暫く付き合ってくれ良型キスを数匹釣られて納竿されました。

IMG_20240715_142922

雨が降ったり止んだりしますが、赤灯台の陰に居ると凌げるので助かります。

少しでも時合いを捉えたいと引き続けましたが、良型キスを追加する事無く14時半に納竿しました。


IMG_20240617_085231

昼過ぎに来られたキス釣り師さんも納竿されるようだったので釣果を聞くと20センチ超のキスが釣れなかったとの事だったので僅かな釣果を進呈し喜んで頂きました。

直近釣行は釣れるキスのサイズは良くなってますが、ピンギスやピンハゼが多過ぎます。


更に良型キスの活性が上がれば解消すると思います。

「釣 果」

キ ス  20匹「8~22センチ」
2024年キス釣果累計 232匹
IMG_20240715_152239

播磨新島釣行16

7月13日(土)午前中は雨の心配が無さそうだったので急遽播磨新島のキス調査に向かいました。
IMG_20240713_070638

現地到着は8時でしたが、流石に土曜日でファミリーも多く釣人が沢山来て居られました。

波止先端に向かうと日差しは無いものの風が無くムシムシしていたので赤灯台の陰に入れて頂きタックルの準備を始めました。

赤灯台の陰には、常連の釣人さんを含め暑さを凌ぐ方達が数人居られました。

波止先端内向け外向け共に釣人が大勢居られたので取り合えず波止先端から西向けに投入し引き釣りを始めると数投で小型キスが釣れ始め1時間程経過した頃に先端内向けの置き竿の方が納竿されるとの事で入らせて頂きました。
IMG_20240713_092352

10時を過ぎた頃から一気に波止の釣人が少なくなったところに何時も播磨新島釣行でお会いするNさんご夫婦が来られました。

この頃に少し潮が動き良型キスが数匹釣れ続きましたが、時合いは短く小型キスとハゼが連で釣れ始めます。
IMG_20240713_085247

IMG_20240713_075711

当日は、何時も波止に居るアオサギ君の姿が無くピンギスやハゼを与えてやれませんが、ふと見ると珍しくカモメが居りピンギスを投げてやると歩き難くそうにしており良く見ると片足の水かきが無いように見えましたが、釣り糸が絡んで指に巻き付いているようです。

隣で釣られているNさんが玉網で捕えようとされますが、カモメに近づくと飛んでしまいます。

やはり捕らえてラインを外してやるのは難しいと判断し釣りを続けていたらNさんの奥様が上手くカモメを玉網で捕らえ頭をタオルで巻いて足と口に絡んだラインを外してやりました。
IMG_20240713_131221

これで自由に歩きエサを食べられるようになったので、安心して納竿する事が出来ました。
IMG_20240713_131405

当日は、小型キスが多いものの釣れるキスのサイズが少し大きくなりアタリも明確になり始めたので更なる良型キスの活性が上がる事を期待します。
IMG_20240713_132232


「釣 果」
キ ス  25匹「7~21センチ」
2024年キス釣果累計 212匹

IMG_20240713_132218

播磨新島釣行15

7月8日(月)梅雨の晴れ間にマイポイントの播磨新島に釣行しました。
IMG_20240708_064314

現地に着くと風が無く強烈な暑さの中を波止先端に向かいましたが、当日もアジが釣れないので飲ませ釣り師さんが少ないようです。

波止先端に着くと馴染みのIさんが赤灯台の陰とになるシルバーシートに居られたので隣に入れて頂き引き釣りを始めました。

当日の暑さは今シーズン一番と思う程で赤灯台の陰に居ても汗が吹き出す程でした。

Iさんは既に数匹キスを釣られているようですが、ハゼの活性が高く中々キスの口にエサが届かないようです。

何とか小型キスが釣れ始めますが良型キスのアタリが有りません。
IMG_20240708_073831

その頃に前日釣行で良型キスやアジを釣られた釣友Nさんが来られ直ぐに引き釣りを始めると投げる度に連でピンギスやハゼを釣られました。

それを見て赤灯台に居ついているアオサギが近づいて来て魚を欲しそうにしていたのでNさんと私は釣れたピンギスやハゼを与えるとアオサギ君は限界無く食べ続けました。
IMG_20240708_110635

当日は30センチ程のサメが釣れたので食べないだろうと投げてやると上手く嘴を使いサメを頭から飲み込んで暫く首を伸ばしたり縮めたりしながら飲み込んでしまったのには驚きました。
IMG_20240708_102714

11時頃に潮が港内に入り始め良型キスが釣れ始めましたが後が続きません。
IMG_20240708_095508

IMG_20240708_112551

IMG_20240708_112513

潮の流れと共に海藻やゴミがラインに掛かり始めたので少し潮の流れが治まるまで引き続けましたが、良型キスが釣れ始める事無く更にピンギスやハゼの活性が上がり14時に納竿しました。

当日釣れたキスは、全てアオサギ君に進呈しましたが、与えたキスとハゼの数は軽く50匹を超え
恐るべきアオサギ君の食欲に驚かされました。

播磨新島のキスは上手く時合いを捉えて釣行すれば良型キスが期待出来る時期になりましたが、今シーズンはピンギスやピンハゼが多過ぎます。

「釣 果」
キ ス 24匹「10~20センチ」
2024年キス釣果累計 187匹
IMG_20240708_135614

播磨新島釣行14

7月5日(土)昼までの予定で播磨新島のキス調査に行きました。

流石に土曜日で車が多く波止にも多くの釣り人が居られましたが、波止先端に着くまでに常連さんに釣果を聞くも波止全体で朝からブリが1匹釣れただけとの事でした。
IMG_20240706_061612

波止先端に着くと内向けには釣り人が居られたので馴染みのIさんが赤灯台の陰に居られたので横に入れて頂きました。

ふと後ろを見ると釣行時に何時も足にライン等が絡まっているアオサギを目撃する事が有りましたが、良く見ると足に絡まっていたライン等が無くなっていたのでIさんに聞くと優しい釣人達がロープで捕らえて頭にタオルを被せて
ライン等を取り外してやったようです。

しかし釣れた魚を波止で貰い続けていたので現在も毎日波止に来て優しい釣人から魚を貰い続けてるようです。
IMG_20240706_100907

魚が釣れたら近くに行き暫く貰った人の近くに居て待つ事を繰り返し空腹を満たしている賢いアオサギで
ピンギスやハゼを沢山与えたので離れなくなりました。
IMG_20240706_084134

当日は潮の動きも無く潮は沖に流れ釣れる気がしませんが、引き続けていると小型キスやハゼは釣れ始めますが、良型キスの反応は有りません。
IMG_20240706_065309

9時半頃に波止先端内向けが空いたので移動した時に播磨新島で良くお会いするNさんご夫婦が来られました。

今日は潮が動かないので厳しいですよと伝えて暫くすると潮が内向けに入り始めると直ぐに御主人と奥様が良型キスを釣り始められました。

その後も良型キスをダブルで釣られ順調に釣果を上げられてました。
AIAUTO_0002_BURST20240706094812

IMG_20240706_094510

私も18センチのキスが釣れましたが、中々良型キスは続かずピンギスやハゼばかりでエサも少なくなり納竿しようと思った時に勤めていた頃の後輩が覗きに来てくれたので僅かな釣果を持ち帰って貰いました。
IMG_20240706_092544

キスの活性は中々良くなりませんが、潮が動けば良型キスも釣れ始めたので今後に期待したいと思います。

当日は風が無く日差しが出ると耐えられない暑さで4時間が限界の釣行でした。

「釣 果」
キ ス 12匹「10~18センチ」
2024年キス釣果累計 163匹

IMG_20240706_115410

播磨新島釣行13

7月4日(木)早朝は曇り空でしたが、雨の心配が無さそうだったので、久しぶりに播磨新島の調査に向かいました。

途中、かんさいベイトエサ店に寄り当日使い切れる青虫を300円購入し現地に8時に着き波止を見ると釣人が少なく閑散としてました。
IMG_20240704_065431

波止先端に行くと常連さん3名が居られますが、当日もアジが釣れないので飲ませ釣り師さんも少なくキスの活性も今一との事ですが、昨日は25センチの良型キスが釣れたと聞き気合いが入ります。

取りあえずタックルの準備をして内向けに投入し引き始めると2色程度でアタリを捉え18センチのキスが幸先良く釣れました。
IMG_20240704_114624

更に2投目もアタリが有り当日最大の20センチの丸々したキスが釣れました。
IMG_20240704_114627

しかしアタリが続く事無くハゼやピンギスがアタリ始め良型キスのアタリが無くなりました。
IMG_20240704_141849

10時頃に常連Iさんの置き竿に連続でアタリが有り釣れるキスは殆ど20センチクラスばかりで驚きました。

アタリがあるのは殆ど波止の際のようです。
IMG_20240704_114944

更に波止先端のタコ釣り師さんも800グラム程の大きなタコを釣られました。
IMG_20240704_083645

当日は大潮で潮の動きが短時間で変わり潮が動く時合いに良型キスがパラパラ釣れましたが13時頃には、ピンギスやピンハゼの活性が上がりエサも無くなり納竿としました。

前回釣行より少しは、良型キスの活性が上がり始めており釣れた良型キスは殆ど抱卵しているのでアタリも強くなり今後に期待したいと思います。

「釣 果」
キ ス   14匹「10~20センチ」
2024年キス釣果累計 151匹

IMG_20240704_142559

播磨新島釣行12

6月21日(金)釣友Iさんが播磨新島に釣行するとのラインが入ったので午前中に用事を済ませて11時頃に播磨新島に向かいました。

当日は、8時頃まで雨が降っていたので釣り人は少ないようです。

波止中央に飲ませのFさんが居られたので釣果を聞くと大きなブリとハモを釣られてたので写真を撮らせて頂きました。
IMG_20240621_111705

見事な大きなブリを見せて頂きました。

例年、今の時期に釣行すると波止先端に行く途中で青物やヒラメを釣られているのですが、今年は青物やヒラメの活性が悪くエサのアジが釣れないので飲ませ釣り師さん達は困っているようです。

波止先端に着くと
釣友Iさんと常連のIさん、Oさんが居られました。

釣友Iさんに釣果を聞くと小型キスは釣れるものの良型キスが釣れないとの事で既に心が折れ始めているとの事です。

私も引き釣りを始めますが、確かにキスの反応無く釣れるのは、ハゼとテカミばかりです。
IMG_20240525_083700

釣り始めて1時間を過ぎた頃にピンギスが釣れたものの後が続かず釣友Iさんは、良型キスが釣れないので昼過ぎに納竿されました。

私は、前日のエサを消費するまで引き続け
潮が港内に入り始めてもキスの活性は上がる事無く17センチ程のキスが釣れただけで後が続かず16時の納竿までピンギスを5匹追加しただけでした。

IMG_20240621_163514

納竿間際にタコ釣り師のMさんとKさんが来られましたが、タコも厳しいようです。
IMG_20240621_162001

IMG_20240621_132043

IMG_20240621_162326_1

今シーズンの播磨新島は、全てのターゲットの活性が悪いようです。

「釣 果」
キ ス 9匹「8~17センチ」
2024年キス釣果 134匹
※釣果は全てリリース

播磨新島釣行11

6月17日の釣行で三田のOさんと近場のYさんとご一緒させて頂いた際に20日に再釣行されるとの事だったのお二人は何時も5時頃には現地に行かれてるので私も珍しく6時に現地に着きました。
IMG_20240620_051940

当日は、明日から雨になるとの予報だったので平日にしては車が多く波止の釣人も沢山来られてました。

波止先端に着くと先端内向けには、OさんとYさんが居られたので手前でタックルの準備をしながらキスの活性を聞くも全く良型キスの活性は無く例の如くハゼやテカミが釣れる中でピンギスが時々釣れる程度との事でした。

私も早々に引き釣りを始めましたが、何のアタリも無く2時間が経過しました。

何時もならば波止先端西向けや南向けを探るのですが波止先端南側にはタックルやクーラーを沢山並べられており引き釣りをする場所が無い状態でした。

常連のIさんが早朝に来られた時には、既に居られたとの事でした。

仕方なく内向けで引き続けていると波止先端南側からガーガーと大きな鼾が聞こえて来たのには驚きました。

波止から落ちないかと心配しながら引き続けました。

時間は既に8時を過ぎ釣れるのはピンギス、ハゼ、テカミばかりで心が折れてしまいます。

置き竿をして居られた常連のIさんはパラパラと良型キスやタコを釣られてますが投げ釣り師は全く良型キスが釣れません。

昼前になり常連のIさんが納竿されたので波止西側を探り始めると
潮が港内に入り始め当日初の良いアタリが有り17センチから19センチのキスが3匹釣れましたがアタリは続きません。
IMG_20240620_081159


IMG_20240620_114258

IMG_20240620_111419

IMG_20240620_114317

当日は、早朝から昼までの釣行予定だったので昼過ぎに納竿しましたが、潮が港内に入ってもキスの活性が上がらない厳しい釣行となりました。

潮は港内に入り続けているので後は
OさんとYさんにお任せして納竿としました。

「釣 果」
キ ス  12匹「8~19センチ」
2024年キス釣果累計 118匹
※ピンはすべてリリースの為釣果写真無し

播磨新島のキス調査

6月17日(月)夕方まで雨の心配が無さそうだったので8時からマイポイントの播磨新島に釣行しました。

例年6月末頃には播磨新島だけでも釣行数30日を超えてますが、
今シーズンは色々アクシデントが有り可なりスタートが遅れて今回の播磨新島釣行で9回目となりますが、今シーズンは播磨新島のキスも活性が遅れているようです。

当日は、平日なので車が少なく波止に降りる際に車を止めると久しぶりに常連Oさんが自転車で来られたので話しながら波止に向かいました。

波止先端に着くと前回釣行でお会いした常連さんが居られました。
IMG_20240617_103045

前回は早朝から良型キスが釣れたので更に活性が上がってるだろと思い来られたようですが、当日は朝から活性が今一で定番のピンハゼやピンコチの活性が凄いとの事でした。

キスの方もピン主体でパラパラ釣れる程度で良型キスが時々釣れる程度との事でした。

私は先端西側から引き釣りを始めると直ぐにボウズ逃れのキスが釣れたものの後が続きません。
IMG_20240617_112539

釣り始めて2時間が経過した頃に18センチ前後のキスが釣れたものの後が続かず昼過ぎにエサ切れで納竿しました。
IMG_20240617_110355

IMG_20240617_100003

まだ播磨新島のキスは活性が上がらないようですが、梅雨入り後には
良型キスが釣れ始めると思うで調査を続けたいと思います。

「釣 果」
キ ス  12匹「9~19センチ」
2024年キス釣果累計 114匹

IMG_20240617_132542
ギャラリー
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行19
  • 播磨新島釣行18
  • 播磨新島釣行18
読者登録
LINE読者登録QRコード
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メンバーリスト